レゴ®テクニック フォード GTがスーパーカーマニアを唸らせる理由

レゴ®テクニック フォード GTがスーパーカーマニアを唸らせる理由

アメ車メーカーの象徴とも言えるフォード・モーター・カンパニーは2003年に創業100周年を迎え、その偉大なる軌跡を特別な形で祝いたいと考えました。その革新性と優れた技術で1世紀にわたって自動車業界を牽引してきた同社にとって、新車開発以外のオプションは考えられませんでした。その結果、美しい流線型の車体からパフォーマンス性まで、まさにアメリカンスーパーカーを体現するフォードGTが誕生しました。

それ以降、2019年には、公道仕様車としての世界最速記録483km/hを達成するなど、フォードGTシリーズはあらゆる記録を塗り替えてきました。しかし、多くのフォードファンやカーマニアにとって、限定車であるフォードGTは高嶺の花。しかし、ご安心ください。なんと!1/12スケールモデルのレゴ®テクニック 2022 フォード GTが近日発売されます。

それを誰よりもよろこんでいるのは、開発担当デザイナーのミラン・ラインドルです。ミランはチェコ共和国で放映された『レゴ マスターズ』の審査員も務めました。

スピードへの情熱を物語るレゴ コレクション

ミラン・ラインドル

「ここで働き始めたときの抱負は、いつかフォードGTのセットを開発することでした」と、ミランは満面の笑みで語ります。「なんと言ってもアメリカンスーパーカーを代表するカッコよさだからね」

しかし、偉業を成し遂げるには、大きな責任がつきもの…後にミランはこのことを痛感することになります。

「コアなカーマニアであるぼくにとって、フォードGTは“パッション・ポイント”と言える。好きでたまらないからこそ、ファンとしての責任をひしひしと感じたね。実車をリアルに再現するため、各セクションのプロポーションやパーツの組み合わせを熟考し、何度も試行錯誤を繰り返した。生産化の許可が下りる直前まで改良を重ねたんだ」

幸いにもミランの情熱と細部へのこだわりが功を奏し、すばらしいモデルが出来上がりました。エアロダイナミクスを極めたボディからフライング・バットレスやリアスポイラーまで、スピードを追求するために生まれたフォードGTの機能を全てリアルに再現しています。フォード社のスピードに賭ける情熱が、この名車の魅力だとミランは断言します。

「この車に魅かれる理由の一つは、エアロダイナミクスのお手本とも言える、そのデザインだね。空気力学上のムダをできるかぎり省いているんだ」

フォードGTには、スピード以外にも、もう一つ見逃せない特徴があります。

「フォードGTシリーズのポートフォリオを見比べると、ダークブルーがクラシックなカラーリングであることがわかる。モデルの開発当初から、この点にもこだわったんだ」

走りのために

ミラン率いる開発担当チームは、ボディ設計に時間をかける傍ら、エンジンや機械系部品を限られたスペース内にどうやって収めるかに知恵を絞りました。

「エンジンカバーやボンネット、ドアでさえ、フォード車ならではの独特な開き方をするんだ」とミランは言います。「さらに、内部を見れば、実車と同じようにV型6気筒エンジンが後車軸とシートのあいだに押し込められている」

その他にも後輪駆動のリアデフ、4輪独立サスペンション、フロントステアリングなど、リアルな機能に心が躍ります。

「車体の中のレバーを引くとリアスポイラーが飛び出す仕掛けに注目してほしいな」

フォード社のお墨付き

リアルを突きつめたレプリカモデルづくりを目指す開発担当チームは、エキスパートの助けも借りました。それはミランにとってもワクワクする開発プロセスでした。

「正直言って、全開発工程の中でフォード・モーター・カンパニーとの協働がぼくにとってのハイライトだったね。フォード社の人といっしょに働けるなんて、まるで夢のようだったよ」

モデル全体からフォード社に対する憧憬の念を感じ取っていただけるはずですフォード・モーター・カンパニーの拠点であるミシガン州ナンバーのナンバープレートひとつをとっても、開発担当チームの思い入れがお分かりになるでしょう。

さあ、位置について、組み立てスタート!

カーマニアであれば、時間が経つのも忘れて組み立てに没頭してしまうでしょう。

ミランは、実際のフォードGTとモデルを並べて両車を比較したことがあります。「実車の形状を極めて忠実に再現できたと思う。横に並べると、まるで親子みたいだよ」

これだけ精巧な組み立てモデルには、カーマニアならずとも夢中になるはずです。

ミランは、フォードGTの印象を端的にまとめてくれました。

「文句なしのスピードとスタイル!」

これ以上の誉め言葉はありませんね。

Ford Motor Company Trademarks and Trade Dress used under license to the LEGO Group.

さらに商品をお探しですか?

大人向けのセットやニュースは、Adults Welcomeページをご覧ください。