レゴコンプライアンス - 報告窓口

報告窓口

レゴ・グループサードパーティ向けレゴコンプライアンス報告窓口

レゴ・グループのサードパーティに該当する方で、何らかの法令、またはLEGO Group Responsible Business Principles(レゴ・グループ事業原則)、レゴ・グループのポリシー、基準、行動指針への違反を把握している、またはその疑義を抱いている場合は、レゴ・グループサードパーティ向けレゴコンプライアンス報告窓口をご利用ください。これは独立の企業、NAVEXが提供する秘匿サービスです。レゴ・グループに関わるすべてのサードパーティは、このサービスを利用して懸念する問題を提起できます。

  • 報告方法は、オンラインと電話から選択できます。
  • 報告者が提供した情報は、NAVEXからレゴ・グループへ秘匿に送信されます。報告者は、自身の氏名を開示するかどうかを選択できます。
  • レゴ・グループサードパーティ向けレゴコンプライアンス報告窓口に寄せられた報告は、このような状況に対応し、支援を行えるよう特別にトレーニングを受けた特定のレゴ社員によって秘匿に扱われます
  • レゴ・グループはすべての報告について確認を行います。レゴ・グループは、問題が報告されないことで解決の機会を失うことよりも、受け取った報告を調査した結果、問題ではないことが判明する方が望ましいと考えます。
  • レゴ・グループサードパーティ向けレゴコンプライアンス報告窓口は、緊急サービスではありません。このサイトを、生命や資産にとって差し迫った脅威となるイベントの報告に使用しないでください。本サービスを使用して送信された報告に対して、迅速な応答が提供されない場合もあります。緊急の支援を必要とする場合は、地域の緊急サービスや公的機関に連絡する必要があります。

報告の対象となる内容

レゴ・グループの事業に関連した倫理上の懸念事項、疑義、違反の事実について報告する

以下に該当する内容を報告してください。

法令違反の疑い、または違反の事実。
  • LEGO Group Responsible Business Principles(レゴ・グループ事業原則)に対する違反の疑い、または違反の事実。
  • レゴ・グループポリシーに対する違反の疑い、または違反の事実。
  • ハラスメント、いじめ、搾取、差別などの、レゴ・グループ行動基準への不遵守の疑い、または不遵守の事実、ならびに
  • 法令、会計、規制の要件の不遵守の合理的な疑い、または不遵守の事実、不審な行為。
  • カスタマーサービスに関するご質問について、レゴコンプライアンス報告窓口は対応を行っていません。こちらから、カスタマーサービスチームへお問い合わせください。

    報復行為へのゼロトラレンス

    レゴ・グループは、報告をする方や助言を求めている方に、安心して窓口を利用していただきたいと考えています。私たちは、問題の報告者や調査の協力者へのいかなる報復行為も許容しません。

    懸念する問題を報告、提起し、助けを求める行動には勇気が必要です。報告者は、他者からの報復の恐怖によってためらってしまうこともあります。懸念する問題を報告したサードパーティについて報復行為があった場合は、報告する必要があります。

    意図的な虚偽の通報行為は許容されないことに留意してください。また、報告によって、サードパーティーの不正行為により生じた問題の責任を免れることはできません。