レゴ®スペースシャトルセット

宇宙がテーマのおもちゃ&セット

商品詳細を見る

さらに想像を超えよう

宇宙の驚異を捉え、想像をはるかに超えるレゴ®セットの世界を発見しよう。

驚異を捉えよう

過去30年間で、ハッブル宇宙望遠鏡ほど私たちを宇宙の起源へと連れて行ってくれたり、宇宙の存在をより身近に感じさせてくれたものはありません。ハッブル宇宙望遠鏡は、1990年に打ち上げられたスペースシャトル ディスカバリー号で、無数の天の川銀河を発見したアメリカの天文学者、エドウィン・ハッブルにちなんで名付けられました。これまでに、ハッブル宇宙望遠鏡は140万回以上の観測を行い、最も遠い星、惑星、銀河の素晴らしい景色を世界に提供しています。

ハッブルは、現在547kmの高さで時速約27,000キロで地球を周回しています。

ハッブルの写真は白黒で、見事なディテールを明らかにするためにカラーフィルターが追加されています。

最近の画像は5,000を超える銀河を示しており、その多くは132億光年も離れています。

ハッブルは、現在547kmの高さで時速約27,000キロで地球を周回しています。

ハッブルの写真は白黒で、見事なディテールを明らかにするためにカラーフィルターが追加されています。

最近の画像は5,000を超える銀河を示しており、その多くは132億光年も離れています。

キャサリン・サリバン博士について

元NASA宇宙飛行士のキャサリン・サリバン博士は、1984年にアメリカ人女性として最初に宇宙遊泳を行いました。その後もスペースシャトル・ディスカバリーのチームメンバーとして活躍し、1990年にハッブル宇宙望遠鏡を設置したミッションにも参加しています。現在、サリバン博士は地球上の障壁を打ち破る活動の支援に携わり、子どもたち、特に女の子たちに、科学、技術、工学、数学の分野でのキャリアを検討するよう働きかけています。

地球を超えて次世代の子供たち

レゴ®エデュケーションが、世界中のクラスルームやリビングルームでのSTEAM学習の促進にどのように役立っているのかみてみよう。