レゴ®アート |ディズニーのミッキー&ミニーマウスのウォールアートセット!
レゴ®アート ǀ ディズニー:ミッキーマウス (31202)ミッキーマウスは誰もが知るアイコニックなキャラクター。ミッキーマウスと同じくらい有名なキャラクターといえば、恋人のミニーマウスくらいかもしれません。ポップカルチャー界に君臨する大スターが、2,658ピースの組み立てウォールアートセットになりました!

充実の自分時間を!

特製サウンドトラックをBGMに、ディズニーの魔法の世界で組み立てに没頭できます。おもしろデータ、興味深い逸話、エキスパートの声など楽しいコンテンツいっぱいのポッドキャストに耳を傾ければ、ミッキーに初めて出会った幼い頃の気持ちにタイムスリップするようです。
オリジナルのサウンドトラック
オリジナルのサウンドトラック

"ヘッドホンをつけて、ディズニーの魔法の世界へ。ファンタジーの世界にひたりながら、ゆったりとした気分で組み立てをお楽しみください。   注意:サウンドトラックは英語のみです。 "

00:0000:00
00:00/00:00

トランスクリプトはこちらからダウンロードできます

2種類のオプションを楽しめる!

ミッキーかミニーを選んだら、わかりやすい組み立て説明書に従って、サウンドトラックに耳を傾けながら楽しく組み立てよう。機能性が向上した2つの新パーツ(レゴ®ブロックはずしとフック)で、アートワークを簡単に作り替えて、模様替えや気分転換ができます。

インスピレーションギャラリー

レゴデザイナーのキット・グレース・コスマンがアレンジした、インスピレーションあふれるレゴ®アート作品の数々をご覧ください。

2セット集めて組み合わせよう

2セット集めれば、それぞれに魅力いっぱいの背景付きのミッキーとミニーを組み立てて、ひとつの作品として飾ることもできます。(どっちを組み立てるか、家族の中で意見が分かれたときも2セットあれば安心…)

ミッキー&ミニー:歴史のまとめ

ミッキー&ミニーマウスの公式デビューはともに、1928年の短編映画「蒸気船ウィリー」。映画を大きく進化させた作品として、ディズニーの名を世にとどろかせた出世作です。ミッキーが初めて言葉を発したのは、1929年の「カーニバル・キッド」。そのセリフは「ホットドッグ」でした。とってもお似合いのセリフです。

ミッキーとミニーは最初からカップルとして登場したわけではありません(ミッキーはアプローチしていたようですが…)。 1930年代の間をかけて映画の中で2人の関係は深まっていき、現在のカップルとなりました。

「いつだって忘れないでほしい。すべて1匹のねずみから始まったということを。」

これは、1950年代に最初のディズニーランド テーマパークがオープンした際のウォルト・ディズニー自身の言葉です。ディズニーが、現在のように世界のカルチャーを形成するマンモス企業に成長していく中で、ウォルト・ディズニーは常にその小さな第一歩を忘れないようにしていたといいます。とてもいい言葉ですね。

これは欲しくなる

ピース数は2,600以上と、レゴコレクションの中でも、上級者向けのディズニーアート作品です。レゴ®アート ǀ ディズニー:ミッキーマウス ウォールアートセットでハリウッドの元祖お似合いカップルをアート作品として再現できます。

注意:写真のモデルを複数同時に組み立てることはできません。
© Disney