日本語でのお知らせはこちら詳細を見る

日本語でのお知らせはこちら詳細を見る

ボート

おもちゃのボートと船

レゴ®おもちゃの船で七つの海を航海

レゴ®前進!ミニフィグとレゴ®DUPLO®の七つの海の海賊、船長、陽気な船員たちと一緒にブロックでできた無限の海へ冒険に乗り出しましょう。

水平線に向かって発進!

  • 蒸気船ウィリー

On slide of 8
無限の可能性に満ちた世界をリビルドしよう!

船はなぜ浮かぶの?

川や港、海のように水がたくさんあるところへ船を下ろすと、船よりも水の重量と密度が常に大きくなるためです。それは船の中が空気でいっぱいだからです。もちろん、空気そのものはほとんど重さがありません。でも、小さなお子様用プールに船を下ろすと、水よりも船の重量と密度が高くなり、船は沈んでしまうかもしれません。

なぜヨットは風に逆らって進めるの?

ヨットが風に逆らって航行するというのは、ピンと来ない考え方かもしれません。でも、それはすべて物理によるものです。帆を風に対して25~45度に設定すると、風で満たされた帆が飛行機の翼のように動作します。空気が押し戻され、船は前方に勢いよく進みます。これで船は目的地までジグザグに進み、あなたは船上でゆっくりできます。

船にカッコいい名前を付けるとしたら?

素晴らしい船には名前があります。おもちゃの船なら、なおさらです。ただし、あとから船の名前を変えるのは不吉なことですから、よく考えてください。でも、もし最初の名前が気に入らなかったら、船を作り変えればいいだけです。

浮くかな?

どんな物がキッチンのシンクやお風呂で浮くかな?お子様と一緒にいろいろな船で試してみましょう。(あらかじめ使ってはいけないものなどのルールを決めておきましょう) 木製のスプーン数本をゴムバンドでとめて、いかだを作ります。鍋やボウルでも、いい船が作れます。船酔いしないミニフィグ数体を乗せたら、冒険の始まりです。

(今でも)船乗りがヒーローである理由

自転車や車、列車、飛行機が登場するまで、人は歩き、馬に乗り、船で航海をしました。最初に海に出た人々は、波と風だけを使って航海し、家族へ食料を持ち帰りました。また、勇気ある(それとも、怖いもの知らずか、はたまたその両方か)男女は、未知の世界を求めて海を越え、海中や海上に新世界を発見しました。

船上の生活は、勇気ある冒険者だけが味わえるものです。お子様がキャプテンになった船が海賊船であれ、貨物船、ヨット、漁船、救助船、小さなボートであれ、救命胴衣を着せて、七つの海へ漕ぎ出しましょう。

1 - 18 / 36の結果を表示
...0000000000
すべて表示