レゴ® Insidersデー、まもなく開催詳細を見る

レゴ® Insidersデー、まもなく開催詳細を見る

(0)
最も愛されているスター・ウォーズ™キャラクター

最も愛されているスター・ウォーズ™キャラクター

あまたのキャラクターが輝く銀河系。その中からお気に入りを選ぶ、というのは簡単なことではありません。ですが、ここでは、シリーズでもとりわけ広く愛されているキャラクターたちを特別にピックアップしてご紹介します。

ダース・ベイダー/アナキン・スカイウォーカー

スター・ウォーズ™を象徴するキャラクターとして、あのダース・ベイダーの右に出る者はなかなかいないでしょう。その代名詞ともいえる漆黒のヘルメット、低く響く声、そして名高いテーマ曲(「帝国のマーチ」)のコンビネーションが、強い存在感を放つ、忘れがたいあのキャラクターを作り出しています。悪役ではあるものの、愛さずにはいられない、それがダース・ベイダー。

そんな彼ですが、ずっとダークサイドの側にいたわけではありません。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で幕を開ける新三部作では、ポッドレースを愛し、フォースと強いつながりを持つ少年時代のアナキン・スカイウォーカーの姿を見ることができます。その少年が、成長とともに数々の難しい選択を迫られ、その選択が、やがて彼をダークサイドへと導いていくのです。

銀河系でも特に名高いこのシス卿に、コレクションアイテムにもなるレゴ® スター・ウォーズセットでオマージュを捧げましょう。レゴ スター・ウォーズ ダース・ベイダー ヘルメット(75304)では、ダース・ベイダーのあの漆黒のヘルメットを、悪の雰囲気漂う細部までくまなく再現しながら組み立てることができます。モデルには、専用のディスプレイスタンドとネームプレートも付属しています。

また、タンティヴ IV™の船内(75387)のジオラマでは、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあの名シーンがよみがえります。タンティヴ IVの艦内通路で、ダース・ベイダー率いるストームトルーパーと、アンティリーズ艦長が指揮する反乱軍フリートトルーパーが戦いに火花を散らすシーンを精巧に再現したこのセット。ジオラマには、エントランスドアを「爆破」して開けたり、キャラクターを転ばせたりすることのできるレバーも搭載。また、付属のコネクターを使えば、別の75387セット(別売)と接続して、通路を拡張することもできます。セットには、ダース・ベイダー、アンティリーズ艦長、そしてストームトルーパーと反乱軍フリートトルーパー各2体のミニフィギュアも付属。あの名バトルシーンを映画のままに再現して楽しめます。

タンティヴ IV™の船内

平均評価5点(5段階評価中)
価格¥7,980

ルーク・スカイウォーカー

もしもルーク・スカイウォーカーがいなかったら、スター・ウォーズ™は一体どうなっていたでしょう?砂漠の星タトゥイーンで若き水分農夫として育ったルークは、機械いじりを楽しみながら、おじとおばと共に暮らしていました。謎めいたジェダイマスター、オビ=ワン・ケノービの訪問を受けるまで、ルークは、自身の過去、そして、待ち受けている未来について、少しも知らなかったのです。

オビ=ワン・ケノービやヨーダといったジェダイマスターたちの導きを受けながら、ルークは、ハン・ソロ、R2-D2、C-3POといった仲間や、妹のレイアと共に反乱同盟軍の一員となり、ジェダイの騎士としての自らの運命を全うし、フォースに再びバランスをもたらすための旅へと乗り出します。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の最後を飾ったルークの勝利を、レゴ®スター・ウォーズ ヤヴィン4の反乱軍基地(75365)でお祝いしましょう。8歳以上スター・ウォーズファン向けのこのセットには、司令室やパイロットのブリーフィングルーム、回転式のスタッドシューター2基など、本物そっくりのディテールが満載。表彰台に立ったルーク・スカイウォーカーとハン・ソロのミニフィギュアにメダルを授ければ、映画のラストシーンがよみがえります。セットにはミニフィギュア10体とレゴドロイドフィギュア2体が付属。映画のお気に入りシーンを再現したり、銀河系が舞台の自分だけの冒険の物語を作ったりと、クリエイティブなごっこ遊びの可能性がどこまでも広がります。

レイア姫

勇猛な闘士、有能な外交官、そして行動的なリーダーの顔を持つレイア・オーガナ姫が、最も愛されているスター・ウォーズ™キャラクターに選ばれるのはごく自然なこと。アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラの娘であり、ルーク・スカイウォーカーの双子の妹でもあるレイア姫は、帝国に立ち向かう反乱の中心人物です。当初は、ベイル・オーガナの養女、そして惑星オルデランの王女として反乱軍に加わった彼女ですが、その後、反乱同盟軍の最も強力なリーダーへと成長。ついにはレジスタンスの将軍となり、決して諦めることなく悪と戦い続けました。

そんなレイアが『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で見せた最もスリリングなシーンのひとつを再現できるのが、レゴ®スター・ウォーズ エンドア™のスピーダー・チェイス ジオラマ(75353)です。森の月エンドアで展開された手に汗握るチェイスを描いた組み立て式のこのモデルでは、ルークとレイアのミニフィギュアが、ブロック製の木々の間を縫ってスピーダーバイクで駆け抜けるスカウト・トルーパーを追跡する様子が表現されています。セットには『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』40周年を記念したロゴプレートと、「Quick!Jam their comlinks.Center switch! (通信を妨害しよう。真ん中のスイッチだ)」というルークのセリフをあしらったプレートが付いたディスプレイスタンドも付属しています。 このジオラマは、レイア姫のファンにとってはまさにマストアイテムといえるでしょう。

ハン・ソロ

パイロット。密輸業者。ヒーロー。Scruffy-looking Nerf Herder.(みすぼらしいナーフ飼い。)

ハン・ソロは、茶目っ気たっぷりなその態度と、ずば抜けた操縦技術で知られる、スター・ウォーズ™の銀河系を代表するキャラクターの1人です。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』での初登場時は、ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナ姫を、自身の宇宙船ミレニアム・ファルコン(またの名を「fastest hunk of junk in the galaxy(銀河一速いガラクタの塊)」)で密かに運ぶ仕事を、報酬金と引き換えに請け負っていたハン。ですがその後、ハンはダース・ベイダーと帝国を相手にした反乱同盟軍の戦いの中心的人物となり、シリーズ全体を通じて真のヒーローとしての地位を築いていきます。そしてついに 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』では、銀河系に平和をもたらす立役者の一人となりました。

この愛すべき密輸業者への思いをカタチにするなら、レゴ®スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン™(75375)がおすすめです。あの名高い宇宙船の2024年新モデルであるこのセットは、レゴ スター・ウォーズ25周年を記念して発売されたもの。スター・ウォーズファンなら誰もが持っておきたい真のコレクターズアイテムです。ミッドスケールのモデルでは、コックピットやリアエンジン、キャノンなどのディテールも忠実に再現。ひときわ目を引くディスプレイピースとして活躍します。躍動感溢れるディスプレイが楽しめる組み立て式のスタンドから、ネームプレート、そしてレゴ スター・ウォーズ25周年記念ブロックまでが揃ったこのセットは、ハン・ソロと彼の宇宙船のファンへの、またとない贈り物となるでしょう。

チューバッカ

みんなが愛するスター・ウォーズ™キャラクターのリストを作るのに、誰もが大好きなあのウーキー、チューバッカを忘れるわけにはいきませんよね。毛むくじゃらの大きな体と、あの特徴的な鳴き声で知られるチューバッカ(仲間からの呼び名は「チューイ」)は、ハン・ソロの忠実な副操縦士にして、反乱同盟軍の真実の友。ただし、そのもふもふの見かけにだまされてはいけません!チューバッカは、強く、したたかな戦士としての顔も持っているのです。

そんなウーキーの自分だけのブロック組み立てモデルを作れるのが、組み立てて飾れるフィギュアセット、レゴ®スター・ウォーズ チューバッカ™(75371)です。全2,319ピース、高さ約46cmのモデルは存在感抜群。チューバッカのあの茶色のふわふわした毛並みはもちろん、弾帯や巨大なボウキャスターもしっかり再現されています。フィギュアが完成したら、ディスプレイスタンドにセットして、ウーキーについての情報が記載されたシグネチャープレートと一緒に飾りましょう。セットには、スタッドシューティングボウキャスターを携えたチューバッカのレゴ ミニフィギュアも付属しています。

R2-D2とC-3PO

このアクティブなドロイドコンビは、スター・ウォーズ™サーガを通じて、数え切れないほどの冒険を共にしてきました。C-3POは、元々若きアナキン・スカイウォーカーの手でスペアパーツによって組み立てられたプロトコルドロイドで、なんと600万を超える言語に精通しています。R2-D2はアストロメクドロイドで、主に「ピコピコ」といった電子音で話します(ただし、ときには叫ぶこともあります)。そんな二人の友情は、スター・ウォーズサーガの中でも見ていて最も心温まるものの一つ。

そんなスター・ウォーズシリーズ屈指の人気者の、遊び心いっぱいのディスプレイモデルを組み立てられるのが、レゴ®スター・ウォーズ R2-D2™(75379)セットです。コレクションアイテムと呼ぶにふさわしいこのフィギュアは、完成時の高さ25cmで、360度回転する頭部や、取り外しできる3本目の脚、取り付け可能な各種ツールなど、ギミックも満載です。R2-D2の情報プレートと、付属のダース・マラックとR2-D2のレゴフィギュアを添えて、スター・ウォーズを記念する、存在感抜群のモデルのディスプレイを完成させましょう。

ヨーダ

伝説のジェダイマスターにして、ジェダイ評議会の長でもあったヨーダ。小さな体に強大な力を秘めたヨーダは、800年以上もの間ジェダイとしての修行を積み、ひとたびライトセーバーを振るい、フォースの力を用いれば、恐るべき脅威となって敵に立ちはだかりました。また、オビ=ワン・ケノービやルーク・スカイウォーカーにとってのヨーダは、忍耐と自制心の大切さ、そしてフォースのダークサイドの誘惑にあらがう術を教えてくれる素晴らしい師でもありました。

ヨーダのジェダイ・スターファイター™(75360)では、レゴ® ブロックで再現されたこのパワフルなジェダイが、8歳以上のキッズの遊び相手としてやってきます。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』から登場のこのセットには、スプリングシューター2基も搭載。翼は調節可能で、マスターヨーダのレゴ ミニフィギュアと、R2-D2のフィギュアも付属しています。この小さなスター・ウォーズ™セットは、クリスマスやお誕生日をはじめ、どんな機会でも、スター・ウォーズファンのキッズへのプレゼントにぴったり。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』で繰り広げられた数々のバトルを再現したアクション満載の楽しいごっこ遊びが待っています。

グローグーとマンダロリアン

銀河帝国の崩壊後、マンダロリアンの名でも知られるディン・ジャリンは、一匹狼の賞金稼ぎとして、銀河を旅し任務を請け負っていました。しかし、謎に包まれつつも愛くるしいグローグーとの出会いによって、彼の人生は大きく変化します。瞬く間にファンのお気に入りとなったグローグーは、マンダロリアンと深い絆で結ばれるようになりました。

レゴ® スター・ウォーズ™ マンダロリアン N-1スターファイター(75325)に乗り込めば、銀河じゅうを飛び回る旅が始まります。ひとたび組み立てれば時間を忘れて遊びたくなるこのレゴブロックモデルで、『ボバ・フェット』のあの名シーンの数々を再現してみましょう。セットには、マンダロリアン、グローグー、ペリ・モットー、BDドロイドという4体のキャラクターも付属しています。このスター・ウォーズの宇宙船には、ミニフィギュア用コックピットや、グローグーのための座席(これは外せませんよね)、小さな貨物スペース、スプリングシューターなど、楽しい仕掛けや特徴が満載。また、ちょっとポンコツな様子までドラマさながらに再現されています。

アソーカ・タノ

アソーカ・タノは、スター・ウォーズ™のいくつもの映画に登場してきました。ファンに見守られつつ、無鉄砲で猪突猛進なパダワンから、勇敢なリーダーへと成長を遂げた彼女。アナキン、そしてオビ=ワンと共に挑んだクローン戦争における戦いから、ダース・ベイダーとの対決からの生還まで、その数々の冒険が、彼女の人気キャラクターとしての地位を確かなものとしていきました。ユニークな外見、見事な戦闘スキル、際立つ個性を兼ね備えたアソーカを、 スター・ウォーズの銀河系でも有数のパワフルなキャラクターだと評するファンも少なくありません。

自分だけの冒険を作ってみたい若きジェダイには、スタッドシューターも搭載のレゴ®スター・ウォーズ アソーカ・タノのジェダイT-6シャトル(75362)セットがおすすめです。アクション満載のセットを手にすればバトルがスタート!調節可能な要素もあるため、自分だけのストーリーも作りやすく、すぐにごっこ遊びに夢中になれます。小ぶりなセットには、2本のライトセーバーを携えたアソーカ・タノ、ブラスター2丁を装備したサビーヌ・レン、ヒューヤング教授、マロックのレゴ スター・ウォーズミニフィギュア計4体も付属しています。

ボバ・フェット

冷徹で腕利き、銀河系最強の賞金稼ぎといえば彼のこと。名高いジャンゴ・フェットのクローンであり、ジャンゴによって息子として育てられたボバ・フェットは、スター・ウォーズ™の銀河系の中でも特に危険なキャラクターの1人です。ミレニアム・ファルコンのクルーを捕獲した者に高額の賞金を約束し、ダース・ベイダーが集めた6人の賞金稼ぎの1人として登場した彼。カスタマイズを施したマンダロリアンアーマー、恐るべき武器の数々、そして機知に富んだセリフ回しで、ファンから確固たる支持を集めるキャラクターとなりました。

レゴ®スター・ウォーズ ボバ・フェット™のメカスーツ(75369)は、そんな名高い賞金稼ぎのファンへのプレゼントにぴったりの、アクション満載のセットです。セットは短時間で組み立てられる設計のため、すぐに遊び始めることができます。ポーズを付けられるメカスーツには、ブラスターライフル用のクリップや、大型のスタッドシューティングブラスターをしっかり握れる手、フリックシューター付きの大型ジェットパックなどが備わっています。また、コックピットは開閉式で、付属のボバ・フェットのレゴ ミニフィギュアを乗せることができます。ミニフィギュアもジェットパックをしっかり装備していますよ!

オビ=ワン・ケノービ

映画作品からDisney+の最新ドラマまで、スター・ウォーズ™サーガの中で重要な役割を担っているのがオビ=ワン・ケノービです。オビ=ワンといえば、後に師の導きに背きダース・ベイダーとなったアナキン・スカイウォーカーを弟子として育てた熟練のジェダイマスター。また、彼はルーク・スカイウォーカーやレイアなど、他の名だたるジェダイも教え導いてきました。次世代のジェダイの指導に追われていないときのオビ=ワンは、銀河の平和と正義の守護者としての活動を担いました。

レゴ®ブリックヘッズ スター・ウォーズ オビ=ワン・ケノービ™ & ダース・ベイダー™フィギュアセットでは、スター・ウォーズの代表的なデュオであるこの二人を組み立ててディスプレイできます。10歳以上のスター・ウォーズファン向けのこのクリエイティブな組み立て式おもちゃで、映画のドラマチックなシーンの数々を追体験してみましょう。完成時のフィギュアの高さは約8cmで、棚や机、キャビネットなどに飾れば、素敵なディスプレイとして活躍します。

ダース・モール

最後にご紹介するのは、銀河系に居並ぶシス卿の中でも、赤い肌と、ナイトブラザーの印である黒の模様からなるユニークな外見がひときわ目を引くダース・モールです。シスの暗黒卿にして銀河帝国皇帝、ダース・シディアスの弟子として特に知られるこのキャラクター。フォースのダークサイドにすべてを捧げたダース・モールは、乱闘やライトセーバーでの対決で、特に強さを発揮しました。その復讐への切なる思い、シリーズを通じたキャラクターとしての成長、ライトセーバーによる息を呑むような決闘、これらの要素から、彼をスター・ウォーズ™でも最高のヴィランの1人に挙げるファンも少なくありません。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』に登場したこの印象的なヴィランに、新作のレゴ® スター・ウォーズ ブリックヘッズ ファントム・メナス™ (40676)コレクションでオマージュを捧げましょう。セットでは、ダブルブレードの赤いライトセーバーを手にしたダース・モールの他、幼い頃のアナキン・スカイウォーカー、アミダラ女王、クワイ=ガン・ジン、ジャー・ジャー・ビンクス、キャプテン・パナカのフィギュアの組み立てを楽しむことができます。

スター・ウォーズ™の世界を見渡せば、話題にしたいキャラクターは尽きることがありません。上のリストでは選外ながら、触れておきたい注目キャラクターをいくつかご紹介しましょう。

  • 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場したイウォークたちは、戦闘集団として帝国軍のストームトルーパーたちを打ち破る見事な戦いぶりと、その愛らしい見た目とのギャップで私たちを魅了しました。
  • レイは、彼女がその生涯を通じて見せた折れない強さ、そして、頑なで高潔なジェダイとしてのあり方によって愛されています。
  • そして最後はBB-8です。続三部作では、この愛らしいアストロメクドロイドに、ルーク・スカイウォーカーの居場所についての重要な手がかりが託されました。