日本語でのお知らせはこちら詳細を見る

日本語でのお知らせはこちら詳細を見る

作ってみよう:紙皿の恐竜とレゴDUPLOの木

作ってみよう:紙皿の恐竜とレゴ®DUPLO®の木

紙皿の恐竜は、レゴ®DUPLO®の木が大好物だって知ってた?ウソだと思うなら、試してみて。

恐竜が大好きな幼児にピッタリのクラフトです。おうちにある材料で、いろいろな種類の恐竜が作れます。

作り方

ここでは長い緑の首が特徴のディプロドクスの作り方をご紹介します。その他にも、ステゴザウルスやトリケラトプス、T-レックスに挑戦してみましょう。このアクティビティは、恐竜がどこから来たのかを説明すチャンスです。また、大人の監督下でハサミの使い方を練習する機会にもなります。

必要なもの:
- 緑と茶色のレゴDUPLOブロック(今回はこのセットを使用しました!
- 紙皿
- キッチンペーパーの芯
- 絵具
- ハサミ
- のり
- おうちにある材料(動眼、パイプクリーナーなど)

1.恐竜の部品を切り取る

紙皿とキッチンペーパーの芯を半分に切り、恐竜の体と足にします。残った紙皿は他の部品に使用します。ヒント:キッチンペーパーの芯の両端に切り込みを入れ、恐竜の体をしっかりと固定します。

2.明るい色の絵の具を塗る

ここでお子様の想像力の出番です。恐竜は紫色にオレンジの水玉模様ばかりかな?

3.絵具が乾いたら、すべての部品をのりでくっつけて、そのできをほめたたえましょう!

レゴDUPLOで木や洞窟、大きな水飲み場を作れば、先史時代を生き生きと蘇らせます。でも、気をつけて!恐竜たちは腹ペコです!

気をつけて!切れやすいハサミ!

ハサミは小さなお子様には危険ですので、ご使用の際は必ず厳重に監督してください。