2014年に新登場するテクニックの組み立てエレメント

2014年を祝してレゴがデザインした新しいエレメントについてイェッペが語ります。

毎年、どんな新モデルをデザインしたいかを計画するときに、私たちはレゴの軸となるコンセプト「本物感、機能性、組立てでの達成感」を実現するためにさらに努力しようと考えます。今シーズンについては、レゴの頑丈で本物そっくりのモデルの改善に役立つ4つの新しいエレメントをデザインしました。

これら新たにレゴのテクニックシリーズに加わったすぐれものエレメントについて、見逃せない点を以下にいくつか挙げます。

中型トラック用タイヤ

新しいタイヤは今年一番実現させたいものでした。私たちはしばらく中型トラックをより本物っぽく見せるようなトラック用タイヤの作成に取り組みました。そしてどうやら、完璧なデザインにたどり着いたようです。そのタイヤは、コンテナトラックとホット ロッドに含まれます。今まで使用していたタイヤは、中型サイズのサービストラック (Ø42.2x22) モデルと似ているものでした。新しいタイヤは、これよりやや大きく(Ø49.5x22)、大型トラックモデル用タイヤ(Ø62.4x29)のパターンを小ぶりにしたパターンを用いています。 3x11 フラットパネル

新しい 3x11 フラットパネルが、既存パネル類を補完するために加わるのは必然的流れでした。このパネルは、サービストラックで使用されていた5x11のパネルを一回り小さくしたものです。このパネルにより、小さな閉鎖的な場所や硬い表面での安定性が増しました。今までこうした場所では11タイプの水平材を3本使用するのが通例でした。平らな表面は、デザインブロックを使用するのに理想的です。今シーズンは、これらをカーゴプレーンのフラップ、補助翼、エレベーターに使用しています。理論上は水平材を使用することもできましたが、このパネルが加わるとカーゴプレーンはより完璧に見えるのです。新しい定番になるのは確実と言えます!

中型サイズの強力ステアリング&サスペンションシステム

通常、小型~中型車で必要とされる頑丈で長持ちするコンパクトなステアリングとサスペンションをとても簡単に手に入れることができる新システムが登場しました。新しいステアリングアームが加わり、ベアリングエレメントは3つのボールベアリングが付いた単一モジュール式「水平材」です。このとても素晴らしいアイデアに誰もが夢中になり、その可能性を例示するためだけに、スノーモービルで採用することにしました。この新製品を使ってぜひ自宅で衝突テストをしてみてください。

 

 

デザイナーブログ