レゴのテクニック・デザイナーになるには。

ウェールズ出身のデザイン・インターン、ユーアン・ヘザラル のケースを見てみましょう。

ユーアン・ヘザラルは自動車デザインを学ぶ21歳の学生です。ここ数カ月、我がチームは(きわめて順調に)彼をテクニック方面へと転向させています。そろそろこの才能豊かなインターンがコヴェントリー大学に’戻り、学位を修める時期が近づいているため、彼がテクニックを卒業する準備ができているかを’確かめたいと思いました...

まずは、’難問から始めましょう。レゴのテクニック・デザイン・インターンになった経緯を教えてください。

’僕はコヴェントリー大学で自動車デザインを学んでいて、現在、’3年生なので、あと1年余りで卒業します。インターン制度は、推奨される履修プログラムの一部です。子供時代の夢を体験する機会でもあります。

’僕はずっとレゴの世界が大好きです。履修プログラムの責任者は、テクニック分野ではありませんがレゴのデザイナーと知り合いでした。そこでインターンに応募するよう僕に勧めました。どんな’ことが待っているのか見当もつかなかいまま、Skypeでのインタビューに選ばれ、最終的にアンドリュー・ウッドマン(テクニック部門のシニア・デザイン・マネージャー)に採用されました。テクニック製品を組み立てた経験はほとんどありませんでしたが、アンディはそれを利点だと考えたようです。’組立テクニックでの不確かな癖を直す必要が無かったので、比較的スムーズに自分の知識を組立システムに適用することを学べました。

 

’テクニック・チームでの典型的な1日を教えてください。

チーム全員のおかげで、とても居心地がいいんです!プロジェクトに取り組みながら、デザイナーから学ぶのが日課です。’地元の学校で行ったモデル組立テストも楽しかったです’。子供たちがモデルで遊んでいるのを見ると、最高の品質を達成するために、モデル自体と組立説明書の両方に細心の注意を注ぎ、多くのルールを設ける理由が分かります。

子供の頃レゴセットを組み立てるとき、“「別の方法でできたのになあ」”と思う箇所がいくつかありました。今では、あらゆる点を検討、評価、再検討した結果、根拠があって特定の方法に落ち着いたのだと分かります。

 

インターン制度でのだいご味は何ですか?

モデルを製品にすることです。’最高にワクワクします!あるセットの代替モデルのデザインを任されたときは、当然、年齢層やテーマは既に決まっているわけですが、メインモデルと同じくらい楽しめるモデルにしようと意気込みました。’なにしろこの仕事は夢見ていたものですから、本当に楽しくて、’1日中遊んでいるみたいで、仕事のように感じられません!’

仕事のように感じなくても、’レゴから学んだことが何かありますよね’?

たくさんあります。大小とりまぜ、個人的にも職業的にも。テクニックで僕が特に好きなのは、’とてもためになる点です。僕は長年、微分の仕組みを解明しようと試みていたんです!でも完全に理解できませんでした。ところが 42039 24時間レースカーを組み立てた途端、ピンときたんです。

’自分でなく子供のためにデザインする方法を学んでいるのですが、構造、機能、美的特質を兼ね備えていなければなりません。組み立てやすさと適度な難しさのバランスがカギを握ります。

僕はずっと、カーデザイナーになろうと思っていたし、それが当然の道筋だと思っていました。シンプルさとミニマルな外見を好む傾向は一貫していました。僕が思うに’、僕らは成長を急ぎすぎる傾向があります。大人びた外見にして、一人前の行動をとるんです。でも、まったく間違っています’。遊んで楽しむことを常に心掛けなくては!学位を取得したら、ぜひテクニックで働きたいですね。おそらく’、まず、カーデザイン業界で数年経験を積むことになるでしょう。アンディは “実世界”も試すよう助言してくれました。適切な助言だと思います。

デザイン工程の実務を経験するのは素晴らしいことです。アイデアを探究し、スケッチを描き、模型を組み立て、思い通りのものができるまで試行錯誤を繰り返す。これは’どこであれ生かすことができる経験です。

’テクニック・デザイナー志願者へ助言をお願いします。

あらゆることに自由な心を持ち続けてください。ひょうたんから駒が出るかもしれないのです。一度 “拒否”されたからといって、道を閉ざすべきではありません。’新しいことを試したいけれどうまくいかないとき、インターン制度や仕事に応募して採用されなかったときには、失望や憤りを感じるのは当然のことです’。自分の仕事、決断、デザインが試されていくうちに、多くのことを学びます。こうした経験を通じて、自分も作品も向上していきます。あきらめたら終わりです。好調時だけでなく不調時も自分のかてにしていくうちに、万事うまくいくようになります。

デザイナーブログ