ホイールローダーの歴史

うわさは本当です!リモコン式 VOLVO L350F ホイールローダーが8月ついに登場します。それでは、これまでにレゴ®テクニックから発売されたホイールローダーを振り返ってみましょう。

スウェーデンを本拠地とするボルボ建設機械は1954年に世界で初めて産業用ホイールローダーの大量生産を開始しました。1966年には、世界初となる量産モデルの連結式ハウラーを発売し、「グラベル・チャーリー」の愛称で親しまれました。以来、VOLVO とテクニックシリーズからさまざまなモデルが発売されてきましたね。常にベストを尽くして最善のモデルをつくるという私たちの努力が、ホイールローダーの歴史になっています。

それでは、新型ホイールローダーの手本となった過去の大型モデルを振り返ってみましょう。

 

1970年代 70年代にはホイールローダーなるものは生産されませんでした。意外ですね!では次にいきましょう。

 

1980年代 モデル: 8853 – ショベルカー 発売年: 1988年 アピールポイント: テクニックシリーズから初めて発売されたホイールローダーです。1988年までにシステムブロックの多くが生産を終了したので、今でも残っているブロックはほんのわずかです。この点を除けば、正真正銘のテクニックです。

機能: 昇降バケット、ステアリング。

 

1990年代 モデル: 8459 - テクニックブルドーザー 発売年: 1997年 アピールポイント: 荷役機能に空圧を利用した初めてのモデルです。今ではテクニックだけでしか見られない580個以上のパーツから成る大型モデルでした。この頃になると、モデルのサイズに合わせて組み立て説明書も進化していきました。

機能: パワーファンクションが導入され、テクニック9Vモーターセット(8735)で電動化が可能となりました。

2000年代 モデル: 8271 – ホイール・ローダー 発売年: 2007年 アピールポイント: 大型モデルを振り返ると言いましたが、これは発売されたホイールローダーの中でも最小の部類に入ります。みんな大好きなモデルなので、ご紹介しました!サイズに似合わず、遊び方も機能性も豊富です。

機能: ブーム式リフトアーム、傾斜バケット、後軸ステアリング。

モデル: 8265 – フロントローダー 発売年: 2009年 アピールポイント: 工事現場の王者!今までに発売された建設車両の中で最大クラスを誇るモデルです。とにかくバケットの大きさがすごい!とても人気のあったモデルで、今でも私たちのお気に入りです。

機能: ステアリング、空圧式の小さな力で昇降、傾斜する巨大バケット。パワーファンクションで電動化も可能。(リンク: http://powerfunctions.lego.com/en-us/products/default.aspx#8293)

2010年代 2010年代はまだ始まったばかりですが、自慢のVOLVOがもうすぐ登場します。みなさんも最新ホイールローダーの組み立てはもちろん、そのオリジナリティと機能性を存分に楽しんでください。8月にはデザインのプロセスがわかるとっておきのビデオを公開しますのでお楽しみに!

ホイールローダーを振り返ってみていかがでしたか。みなさんもご自分のコレクションを見返してみたくなったのではないでしょうか。 

デザイナーブログ