キャプテン・レックス

クローン・トルーパーCT-7567、通称「レックス」は、クローン大戦中、共和国第501隊をひきいていた。軍隊から引退した後仲間のクローン数人と、特製AT-TEウォーカーに乗って、砂のわく星シーロスの地下にすむ巨大生物ジューパをつかまえている。年をとり、よろいはきつくなったかもしれないけど、レックスは今でも反乱軍のためなら、よろこんで勇気と経験を活かすつもりだ。特に、古い友人であり元司令官のアソーカ・タノのたのみとあればね。

ライトサイド