ベイズ・マルバス

帝国の占領下で厳しい現実に直面しながら、ベイズ・マルバスは現実主義の兵士へと変ぼうし、重厚な連続キャノンを撃つ名手となっていた。ベイズは親友であり、道徳面でのお手本としているチアルート・イムウェのように精神世界を中心とするタイプとは真逆の無鉄砲者だ。

ライトサイド

ダークサイド