コンシユ一マ一サ一 ビス

製品リコール

良いニュースです。2009年以来、製品のリコールは発生しておりません。

レゴ社では、お子さま方に安全に遊んでレゴを楽しんでいただけるよう、常に尽力しております。このことは、レゴ・グループにとっての最優先事項です。そのため、製品リコールをゼロにするよう取り組んでおります。
 
以下でご覧いただけるとおり、レゴ社では2009年以来この目標を達成し続けております。 
 
2009年にリコールの対象になったリモコン及び2002年にリコールの対象になったトラックは販売中止となっておりますが、リコールは現在も適用されております。そのため、このようなリモコンやトラックをお持ちの場合は、直ちに使用を中止し、リコール対象になっているかどうかを以下のリンクでご確認ください。
 
2009年:8879 レゴ・パワー・ファンクション赤外線スピード・リモコン:
 2002年:3509 レゴ・エクスプロア・スーパー・トラック
 
レゴ®製品の安全に対する取り組みについて詳しくは、「製品安全」ページでご覧いただけます。

2009:パワー・ファンクション赤外線スピード・リモコン

電池を入れた後でリモコンが熱くなったという報告が4件あったため、自主的にパワー・ファンクション赤外線スピード・リモコンのリコールを決定しました。怪我などはありませんでした。
 
2009年4月8日から5月6日の間に、単体(アイテム8879)またはエメラルド夜行列車 (10194) およびパワー・ファンクション (8882) のキットの一部として997点が販売されました。これらのリモコンは、レゴ・ショップ(オンラインまたはカタログ販売)のみで直接販売されました。これらの製品は小売店では販売されていませんでした。
 
私のリモコンはリコールの対象になっていますか?
 お持ちのリモコンに影響がある場合は、初めてご使用になったときに5~10分で熱くなります。
 
私のリモコンがリコールの対象になっている場合は、どのように対処しますか?
レゴ社までご連絡ください。交換させていただきます

レゴ®製品を安全にお楽しみいただくためのレゴ社の取り組みをご覧ください

2002年:レゴ・エクスプロア・スーパー・トラック

トラックのアクセルから車輪が外れ、お子さまに危険が及ぶ可能性があったため、自主的にレゴEXPLOREスーパー・トラック3509のリコールを決定しました。
 
レゴ・エクスプロア・スーパー・トラックは、2002~2003年に製造されました。北米の小売店(Toys "R" UsとWal-Martを含む)のみで販売されました。
 
このトラックのキャブに入っていた40個のレゴ・デュプロ・パーツは、自主リコールの対象ではありません。これらのレゴ・デュプロ・パーツは、生後18ヶ月以上のお子さまに対する安全性には問題ございません。
 
私のトラックはリコールの対象になっていますか?
 トラックがこの写真のものの場合は、リコールの対象になっています。
 
私のトラックがリコールの対象になっている場合は、どのように対処しますか?
 直ちにトラックの使用を中止してください。リコール・フォームをダウンロードして印刷していただき、記載されている説明にしたがってください。レゴ・ショップと公式レゴ・ストアでご利用いただける15ドルのギフトカードをお送りいたします。フォームをご提出いただいた後には、トラックをリサイクルしてください。
 
レゴ®製品を安全にお楽しみいただくためのレゴ社の取り組みをご覧ください

リコール・フォームのダウンロード