エレメント・トーナメント

6 1. 2016

ゴールデン・マスターをそしするため、ゼンがぎせいになった時、ゴールドの武器のパワーでゼンの中の新たな力が解き放たれ、チタンの層(そう)が加わった。強大なエネルギーがゼンのはかいされた部分を消し去り、ゼンはデジバースの中へ消えていった。ゼンがデジタル界に居ると気付いた(思った)のはピクサルだけ…ゴールデン・マスターとのバトルでゼンを失ったニンジャは、なげき、ぼうぜんとし、バラバラになってしまう。ロイドはニンジャたちを再結束させようと、チェンの島で実施される「エレメント・トーナメント」へのなぞの招待状を出す。その気になるニンジャたち。ただ、再結集の決め手となったのは、ゼンが生きているかもしれないという暗示だった。チェン先生の離れ島に行ったニンジャだちは、自分たちのほかに、初代エレメント・マスターたちの子孫がいることを知る。ガーマドンが見守る中、ニンジャたちはほかのエレメント・マスターと主権争いをくり広げる…だがまもなく、このトーナメントのうらにじゃ悪なたくらみがあると見ぬく。チェン先生は、敗者からそれぞれのエレメント・パワーをぬすみ、そのパワーを使って、配下のアナコンドライ支持者を、非情なアナコンドライ戦士軍に変えようとたくらんでいたのだ。新たなヘビヘビ戦争が始まろうとしていた。敵と味方の区別がつかないニンジャたちは、ほかのエレメント・マスターを、チェン派の対抗勢力として採用。とらわれの身となっていたゼンとピクサルとも再会した。だが、必死の努力もむなしく、チェンとその支持者はアナコンドライへの変身に成功する。長老の回ろうでガーマドンは、恩師であるチェン先生と対決する。「どんなぎせいを払ってでも勝つ」というチェン先生の最後の教えを思い出したロイドの父親は、のろわれた世界に追放されていた古代アナコンドライ将軍を連れてくる…それと同時に、自分はすがたを消す。本物のヘビヘビ族の将軍は、チェンのにせのヘビヘビ軍団を見て、馬鹿にされたとげきど。悪者たちをのろわれた世界へ連れもどす。勝利には高い代償がともなった。ガーマドンのぎせいをたたえるニンジャたち。だが、のろわれた世界を抜け出た暗黒のたましいが、ニンジャゴーの世界に入り込んだことに気付いていなかった…。