• シーズン 3

    リブート

シーズンのまとめ

  • 空の海賊とたたかおう

    6 1. 2016

    モローのゴーストとの戦いに勝利したニンジャたちは、マスコミの注目の的(まと)となっていく。だが、チェン先生のかつての右腕だったクラウズのゴーストがティランの願いのポットを再発見したことで、ニンジャゴーの世界は闇の力にまたもやおびやかされることに。そのせいで、悪名高き空賊母艦ミスフォーチュン号の船長、魔神ナダカーンは封印されていたポットから抜け出てしまうんだ。海賊の乗組員を呼びもどした後、ナダカーンは故郷のゴーライ王国にもどるんだけど、王国は破めつしつつあった。ニンジャたちがマザーエミネントをたおしたのが破めつの原因だと知ったナダカーンは、復讐(ふくしゅう)をちかうんだ。そこで、空を飛べるように船を改造し、攻げきの準備にとりかかる。そして、ナダカーン一味は天空の海賊となったのだ。ナダカーンは、ニンジャゴーの世界の構成要素を使って、空中にゴーライ王国を再建する野望をいだく。この野望をじゃまするニンジャたちは、願い事をかなえるポットをたてに、徐々にナダカーンの術中にはまっていく。自分の願いがねじまがってかなえられてしまうのだ。ニンジャたちはひとりずつナダカーンの封印の剣に閉じこめられていく。この剣は閉じこめた者のエネルギーを吸い取り、ナダカーンをいっそう強力にしてしまうのだ。そんなとき、ナダカーンはニャーに出会う。ずっと前に亡くした妻デラーラに生き写しだ。ニャーと結婚できれば、デラーラの魂(たましい)をよみがえらせ、好きなだけ願いをかなえることができる。ナダカーンがニャーとの結婚を計画するかたわら、残りのニンジャたちは、ティガートゲグモの毒を探していた。この毒こそ強力な魔神を食い止める唯一の希望の光だった。ただ、手に入れるには、サンドウォームや空の海賊と戦わなければならない。ようやくジェイが封印の剣から仲間を解き放したものの、すでにニャーは無理やりナダカーンと結婚させられていた。そのとき、ナダカーンにだまされていたと気づいた空の海賊たちがニンジャの味方にまわり、ティガートゲグモの毒をナダカーンに浴びせかける。だが、ナダカーンをたおした直後、のろいが逆転し、ニャーにも毒が当たってしまう。しだいに弱っていくニャー…悲しみの中、ジェイは最後の願いをたてる – 「願いのティーポットなんか、見つからなかったらよかったのに」。とたんに、世界は物語の冒頭にもどり、ナダカーンはポットの中に逆戻り。そしてポットは海の中にしずめられる。新カップル、ジェイとニャーの記憶からは、ポットにまつわる出来事が、すっかりぬぐいさられてしまった。