• シーズン 2

    グリーン・ニンジャ

シーズンのまとめ

  • グリーン・ニンジャ

    6 1. 2016

    4つのゴールドの武器と共に身をかくしたガーマドン卿は、ヘビヘビ族の支配者となる。一方、ニンジャたちは、ファイナルバトルでガーマドン卿をたおせるほど強くなるように、ロイド少年の修行にいっそう力をいれていた。じゃ悪なパワーを得ようと、ガーマドン卿は4つのゴールドの武器すべてを創造の武器、メガ・ウェポンに変えようと考えた。そこで、ゴールデン・ポイントに行く。そうしてメガ・ウェポンを手に入れたガーマドン卿は、ニンジャ狩り生物、グランダルをよみがえらせることに成功。そのあおりで、ニンジャの時計は過去にもどってしまう。まほうのお茶で10代のすがたにもどったロイド。でも、子どもらしさもなくなっていた。グリーン・ニンジャとしての運命に立ち向かうため、子ども時代をぎせいにしたのだ。メガ・ウェポンによって過去にもどることができたガーマドン卿は、ニンジャチームの結成を防ごうとする。そんなガーマドン卿を追ってニンジャたちも時をさかのぼり、過去のできごとを元通りに直していく。ところが、ひとつ大きな変更が加えられていた。ゴールドの武器とメガ・ウェポンがはかいされたのだ。ばくはつにより、この武器は空中へ飛ばされてしまった。ガーマドン卿の4本の手で、なぞの暗黒の島が地の底から地上に再びそのすがたを見せた。ファイナルバトルの時が近づいている。だが、ロイドは父親との対決をさけたい思いと戦っていた。唯一残った太古の生き物、グレート・ヘビヘビの毒により、不めつのストーン軍が息をふきかえす。ニンジャがこの強敵をたおす方法はただひとつ。天空の黄金神殿でエレメンタルパワーを手に入れるしかない。そこで、それぞれのエレメンタル・ブレードを手に入れれば、ロイドは最強スピン術マスターのパワーに到達できる。その頃、ガーマドン卿は、暗黒の島でスーパーウェポン、ガーマトロンを暗黒物質から作り上げつつあった。オーバー卿は、計画を実行に移し、主導権をにぎる。そして、ファイナルバトルでロイドと対決することになるのだ。何もかも失ったように思えたとき、新たなパワーを解き放ったロイドは、ゴールデン・ニンジャへと進化し、オーバー卿をはかい。バランスを取り戻した。その結果、ガーマドンの血管の中の悪はすっかり消え、そのとたん、善良なガーマドン先生となる。だけど、オーバー卿はどこに行ったのだろう? その頃、ガーマドン卿は、暗黒の島でスーパーウェポン、ガーマトロンを暗黒物質から作り上げつつあった。オーバー卿は、計画を実行に移し、主導権をにぎる。そして、ファイナルバトルでロイドと対決することになるのだ。何もかも失ったように思えたとき、新たなパワーを解き放ったロイドは、ゴールデン・ニンジャへと進化し、オーバー卿をはかい。バランスを取り戻した。その結果、ガーマドンの血管の中の悪はすっかり消え、そのとたん、善良なガーマドン先生となる。だけど、オーバー卿はどこに行ったのだろう?