• シーズン 1

    ヘビヘビ族の台頭

シーズンのまとめ

  • ヘビヘビ族の台頭

    6 1. 2016

    闇の世界からガーマドン卿が姿を消して以来、ニンジャゴー・アイランドには平和がもどった。だけど若きニンジャたちはやる気をなくしていた。ガーマドン卿が、攻げきする好機を待つ間、ニンジャたちは、卿の息子ロイドに出会う。ロイドは、不注意にも、新たな敵をニンジャゴー・アイランドに解き放してしまう。その敵こそ、古代のヘビヘビ族だ。ヘビヘビ族のリーダー、パイソーは、すべてを飲み込んでしまう伝説のグレート・ヘビヘビをよみがえらせるじゃ悪なプランをねっていた。ニンジャたちは、秘めた能力を解き放つため、自分自信と向き合う。ニンジャゴー・アイランド消滅の危機だ! ニンジャたちは、ヘビヘビ族の反乱に対抗している間に、ロイドが正義と悪とのファイナルバトルで暗黒卿をたおす運命にある、グリーン・ニンジャであることを発見。彼の世話役も引き受けることになった。しだいに、ニンジャたちは自分自身に関する重大な要素を見つけ、そのエレメンタルパワーを解き放つことができるようになる。グレート・ヘビヘビをたおすには、ガーマドン卿の力が必要だ。4つのゴールドの武器のすべてを身に付ける独特の力を持っているからだ。最終的に、ガーマドン卿は4つのゴールドの武器と共にすがたを消す。ニンジャゴー・アイランドを自分の悪のイメージに変えるため、何としても必要な武器だった…