• パイロット シーズン

    スピン術のマスター

シーズンのまとめ

  • スピン術のマスター

    7 25. 2016

    ずっとずっと昔のこと、ニンジャゴーの世界が初代スピン術マスターによって作り出された。使われたのは4つのゴールドの武器。あまりに強力なため、同時に4つすべてを扱うことはだれもできないほどだ。初代スピン術マスターの死後、2人の息子はニンジャゴーを守るとちかった。ところが兄のガーマドン卿は、やみの世界にとらわれ、すべてを手に入れたいと考えるようになった。そこから、兄弟のバトルが始まった。結果、ガーマドン卿はバトルにやぶれ、闇の世界に消えていった。弟のウー先生は、ニンジャゴー・アイランドの片すみにゴールドの武器をかくし、島に平和がもどった。数百年後、ウー先生は4人のゆうかんな少年、コール、ジェイ、カイ、ゼンをさがし出す。そして、ゴールドの武器の守護者となるよう、スピン術のわざをきたえた。カイはウー先生が最後に探し出した弟子で、ウー先生と初めて会った時に、妹のニャーがゆうかいされてしまった。ゴールドの武器のありかを示す地図をぬすみに来たサムカイとじゃ悪なホネホネアーミーのしわざだ。だが、ゆうかいを背後であやつっていたのは、闇の世界の支配者となっていたガーマドン卿だ。このできごとで、カイの心に火がついた。何としてもニャーをすくおうと。だから、ウー先生に従い、ほかの少年たちと共に、ニンジャ修行をすると決意した。コール、ジェイ、カイ、ゼンはニンジャ修行で学んだことをいかして、ホネホネアーミーをたおしながら、自然にスピン術のわざを身に付けていった。ニンジャたちは、ゴールドの武器を手に、つらい冒険から無事生きて帰ることができた。だけど、ガーマドン卿が暗黒の王国の入り口から闇の世界へ逃げていくのを許してしまった。いつの日か4つの武器をすべてうばうだけの力をたくわえ、もどるってくるというガーマドン卿ののぞみをたち切ることはできなかったことになる。ニンジャゴー・アイランドに平和がもどり、4人のニンジャはゴールドの武器を守ることをちかう…そしてガーマドン卿がもどってくる日にそなえるのだった。