ソウル・アーチャー

ソウル・アーチャーはゴースト軍団の少佐で、なぞめいた過去を持つ。1つだけ明らかなのは、のろわれた世界に消える前に、ローニンとかけをしたことがあるということだ。賭けに負けたローニンは、失ったソウル(たましい)を取りもどすため、ソウル・アーチャーを助けざるをえなくなる。ソウル・アーチャーは弓矢の達人で、弓が命中したものをゴーストにしてしまうんだ。だけど、マザーエミネントがたおされ、消え去っていくのろわれた世界と運命を共にする。