ウー先生

兄のガーマドンが自分をぎせいにした後、ウー先生はまた若者ニンジャたちを教えるようになった。いつか自分がいなくなる日にそなえて、彼らを指導しているんだ。