オーバー卿

オーバー卿は、初代スピン術マスターの最大の敵で世界中の悪の根源。初代スピン術マスターがニンジャゴーを2つに分けた後、暗黒卿とも呼ばれるオーバー卿には、暗黒の島があてがわれた。魂(たましい)として存在し、けたはずれにパワフルなオーバー卿は、ガーマドンとストーン軍をあやつって、人間の姿を取りもどそうとたくらむ。何年もさまざまな出来事の黒幕として、人をたくみにあやつってきた。元々、ドラゴンのすがたをしていた。決戦でロイドに負けたけれど、破かいされず、サイラス・ボーグのデジバースで、コンピューターウィルスとして生き残り、ボーグのテクノロジーがどこにでもあるおかげで、シティ全体を支配するのに成功した。だけどデジタル・オーバー卿となり、不満がのこった。とらわれてしまったからだ。デジバースからのがれるには、ロイドのゴールデン・パワーが必要だ。ニンジャがデジバースを再起動できたときには、手おくれで、オーバー卿は肉体を持つようになった。4つのゴールドの武器の最後のひとつ、メガ・ウェポンを手に入れ、いだいなるゴールデン・マスターとなるため、ニンドロイドを宇宙ミッションにおくりこんだ。だけど最後には、ゼンにたおされるんだ。

  • 戦いはしたくない。ただお前の力が欲しいだけだ。
  • 戦いはしたくない。ただお前の力が欲しいだけだ。
  • 戦いはしたくない。ただお前の力が欲しいだけだ。
  • 戦いはしたくない。ただお前の力が欲しいだけだ。