ミサコ

ミサコは、ウー先生とお茶畑を買った時、いんきょしようと考えていた。数人のお客さんを相手にしたり、お茶畑で静かな晩をすごしたり…そんな夢も、今ではお預け。ニンジャゴー全体をおどすモローに対して、ニャーが秘めた実力を発揮するのを手伝うのに忙しくなってしまったためだ。