ウー先生

ウー先生は、チェンの島へ向かうニンジャたちのことを兄のガーマドンに頼むしかないという試練に直面する。だが、かつての恋人ミサコと失われた時間を取り戻すチャンスも訪れた。若いころ、ミサコが自分ではなく兄のガーマドンを選んだのは、彼にだまされたことが原因だったと知り、ショックと怒りを感じる。ガーマドンは、ウーがミサコに書いたラブレターに自分の名前を書いたのだ。これにより、2人の兄弟の間に再び亀裂が入るかのように思われる。だがガーマドンは世界を救うために自分を犠牲にし、ウーは兄の勇気ある行動に敬意を払う。