ウー先生

正義と悪との決戦の日が近づくにつれ、ウー先生の心には、じゃ悪な兄のガーマドン卿にも良心が残っているかもしれないとのまよいが生じた。だが、兄をとめなければならぬ! こうした相反する感情の間でなやむうち、世の中には白黒をつけられないこともあるとさとるようになる。

  • 今日やれることは明日までのばすな。
  • 今日やれることは明日までのばすな。
  • 今日やれることは明日までのばすな。
  • 今日やれることは明日までのばすな。