ロイド

ガーマドン卿の息子のロイドは、強力なゴールデン・ニンジャ。つい最近、グリーン・ニンジャでもあると判明した。ニンジャたちとともに正義のために戦ってきた。ニンジャゴーを助けるため、実の父親とさえ対戦した。

ガーマドン卿の息子として、父の後をついで悪人になるのはかんたんなことじゃない。少年ロイドは、必死になって、父親なみの悪人だと証明しようとするだろう。だけど、ウー先生の助けと仲間のサポートで、親の七光りとして生きるのもひとつのせんたくであり、好きな者になる道を選ぶこともできると学ぶ。「我にひざまずくがよい、でなければ怒りを受けとめよ!」

  • 我にひざまずくがよい、でなければ怒りを受けとめよ!
  • 我にひざまずくがよい、でなければ怒りを受けとめよ!
  • 我にひざまずくがよい、でなければ怒りを受けとめよ!
  • 我にひざまずくがよい、でなければ怒りを受けとめよ!