ガーマドン

ガーマドン卿には、人知れない苦労話がある。いずれ対決する運命でありながら、息子の助言者であり、古代ヘビヘビ族と関わった過去をよく調べてみると、自ら望んで今のすがたになったわけでないことがわかる。これまで長年自分をのろってきた古くからのにくしみに仕返しできるだろうか?