ダレス

小さな道場の主である武道マスターで、「偉大なマスターダレス」と自称する。 ニンジャたちは、ロイド・ガーマドンを訓練する人を探している時に彼に出会った。特別なパワーはなくて、い力のある動きをするより話す方がはるかに上手。ストーン軍を食い止めるときに、やっと重要な役割を果たし、ニンジャたちは彼を仲間だと認め、 「ブラウン・ニンジャ」というタイトルを付けた。動物の戦闘スタイルをすべて「マスター」していて、身元をでっちあげて、変装する名人だとじまんする。ニャーをカブキダンサーに変装させて、マスター・チェンの屋敷にこっそり入り込むのを手伝った。ニンジャたちが有名になると、ダレスはマネージャー、宣伝係、映画監督の役を引き受ける。