サイラス・ボーグ

すぐれた技術力と想像力を持つ発明家のサイラス・ボーグ。彼はある日、オーバー卿との戦いによって破かいされたニンジャゴー・シティを目にする。彼はこの場所をハイテク技術が駆使されたニュー・ニンジャゴー・シティとして生まれ変わらせた。そしてオーバー卿が倒された地にボーグ・インダストリーズを建設したのだ。ボーグは多くの成功をおさめているが、けたちがいの失敗もおかしている(電子切り絵セット、電動バスマット、原子力歯ブラシ、ターボジェット搭載の軌道外走行ゴルフカートなど)。「どうせ失敗するなら、大きく失敗しなきゃ!」これが彼の口ぐせである。

めったに人前に姿を見せない発明家で、ボーグ・インダストリーズ社のそうぎょう者だ。足を使えないボーグは、飛ぶイスと機械のクモの足がついたイスを発明して、自由に動け回るようにした。最も野心的な計画が、ゲーム用の仮想現実社会、デジバースだ。プレーヤーはスキャンして、デジバースに入り込んだら、想像力を使って、必要なあらゆるものを作るんだ。ロイドとオーバー卿との決戦で、ニンジャゴー・シティが大打げきを受けた後、ボーグはハイテク仕様のニュー・ニンジャゴー・シティの再建を指揮した。

  • オレたちの力の限界は自分にはできないと思うことだ。
  • オレたちの力の限界は自分にはできないと思うことだ。
  • オレたちの力の限界は自分にはできないと思うことだ。
  • オレたちの力の限界は自分にはできないと思うことだ。