チョポブ

ホネホネアーミーの重要メンバーのひとりで、アーミーの乗り物を最高の状態にたもつ役割をはたす。メカニックとしてのうでは大したものだけど、ボーンザイと同じく、話すことができない。だから、直したところや見つけた問題を伝えられないんだ。運転手が気づくのは、きまって、道を走っていて問題がおきてから。