ソト船長

ソト船長は、ずっと昔、航海船だったころのバウンティ号の初代船長となった海賊だ。腹黒い海賊だった船長は、かなり前に死んだけれど、ガーマドン卿のメガ・ウェポンによって、生き返った。ガーマドンの船をうばい取り、海賊時代に戻ろうとするけど、ニンジャにやぶれて、クリプタリウム刑務所におくられてしまう。あとになって、ナダカーンをティランの願いのポットに閉じ込めたのはソト船長だったことがわかる。ソト船長はタイガーウィドウの毒を使ってナダカーンを足止めし、戦いに勝つことができた。ナダカーンがいつか脱出することを心配し、タイガーウィドウの島の場所を示す地図をミスフォーチュン号のランタンの中に隠していた。ジェイがニャーやほかのニンジャたちをナダカーンから助けるために集めたチームのメンバーだった。