ニュー・ニンジャゴー・シティ

ニンジャゴーの首都、ニンジャゴー・シティは砂の海の近くにある広大な繁華街(はんかがい)だ。無数のニンジャの冒険がここでくり広げられてきた。シティには、ニンジャゴー歴史博物館、ニンジャゴー音楽ホール、ニンジャゴー・シティ広場、ダレス師匠のモージョー道場、NGTVビルなどがある。シティの地下には、いりくんだ地下鉄のトンネル網がある。オーバー卿の手ではかいされた後、天才サイラス・ボーグによって再建され、ニュー・ニンジャゴー・シティとなった。すべてがデジタル接続された、すばらしい先端技術の中心となるハイテク都市だ。ゴールデン・マスターが負けた後、もっとバランスの取れたかんきょうを求める意見が高まり、ニュー・ニンジャゴー・シティの基本コンセプトは見向きもされなくなった。現在、この町はニンジャゴー・シティと通常呼ばれている。ゴールデン・マスターとの戦いでのぎせいをたたえて、ゼンの彫像(ちょうぞう)が公園に建てられている。

ニンジャ道場
イナズマ
エレメンタル・ブレード
4.5ブロック
機械などの道具の発明