神聖なる時計

暗黒の島にある巨大な時計で、光と闇(やみ)とのファイナルバトルをカウントダウンしている。とってもふくざつな仕組みで、歯車、レバーなどの黄金のパーツが表面から突き出している。時計のはりがゼロに来ると、はかいのホルンがえんそうを始める。すると、時計から強れつな太陽の光がビームになって放たれる。カウントダウンは、影のかぶとがその置き場所からなくなると始まり、そこにもどるまで止まらない。

ニンジャ道場
イナズマ
エレメンタル・ブレード
4.5ブロック
機械などの道具の発明