#fff218

狼人間

「まだ大丈夫だ!」

狼人間には何が起こっているのかよくわからなかった。ほんの1分前にはいつものように木を切っていたが、気がつくと毛むくじゃらの狼人間になっていたのだ。わずかに覚えていることといえば、森の中を走りまわり、月に向かってほえていたことだ。

狼人間になった今、世界が180度変わって見える。においにびんかんになり、特に木や消火栓のにおいは興味深い。耳も同じようにびんかんになった。でもお気に入りのぼうしがどこにも見つからない。それにイヌのビスケットが食べたくてたまらないんだ。そうだ、たまには上質なレアのステーキもいいよね!