#fff218

スケルトン男

「オレは歩いてしゃべれるガイコツだぞ。」

あるハロウィーンの夜、スケルトン男は本物の魔女や幽霊、吸血鬼が住む場所にまよいこんだ。彼は衣装をぬげばただの人間だと思われたくなかったので、ばれないように一生懸命モンスターのふりをした。

だが彼は、だれもだませていないことに気づいていない。スケルトン男がモンスターではないことくらい、みんなわかっていた(狼人間の鼻はとてもいいからね)。でもそんなことは関係ない。ちょっと変だけどいいやつみたいだから、みんな彼を受け入れたんだ。ガイコツじゃなくても、好きなモンスターになればいいよってね!