#fff218

チロルの男

「こんにちは!レーダーホーゼンは好きかい?」

チロルの男の自慢は、なめらかな革でつくられた半ズボンだ。だがこの半ズボン、レーダーホーゼンを好む者はあまりいない。だからこの男はチロルの男として知られるようになったのだ。たまたまレーダーホーゼンをはいている男とはいっしょにするな!

チロルの男はレーダーホーゼンを心底愛している。彼はレーダーホーゼンの集会に参加し、レーダーホーゼン・マガジンを購読し、レーダーホーゼンのブログまで書いている。友人のハイランドバトラーとバグパイプ奏者と共に、文化的なイベントに参加するのを楽しんでいる。彼らはレーダーホーゼンに興味はないが、ひざに風を感じるのはいいことだと思ってくれているよ!