#fff218

ジャッジ

「私がジャッジだ!」

厳格なジャッジは、自分の判決が最終判決だと考えている。裁判が始まると、彼は正義の使者となって問題を解決したり、有罪と無罪を審議したりしなければならない。彼の法律のぼうだいな知識が、判決へと導くのだ。

法廷の外でも、彼は何でもジャッジしたがる。公園の花は美しく植えられているか、ハンバーガーの調味料はおいしいか、ストリートミュージシャンに本物の才能はあるか、など勝手にジャッジしている。ジャッジの判決の言葉は重い。小づちをたたく音と共に最終判決がくだされ、事件はこれで解決するのだ!