#fff218

氷の女王

「ちょっとさむくありません?わたしだけ?」

ひややかな氷の女王は、だれよりも氷が大好き。彼女のまほうの王国はすべて氷でできているんだ。つららの王かんやお城の中にある氷の馬ごや、氷の騎士が乗った氷の馬だっているよ。町には氷のパン屋さんまでいて、つめたーいオーブンの中でパチパチいう氷のほのおの中で、氷のパンをやいているんだ。

氷の女王は氷のとりこだから、氷にかんするものがあると、すぐに氷のダジャレを言ってしまうんだ。すっごくさむーいダジャレ。でも、ちゃんと笑顔でいちいち笑ってあげないと、氷のすべりだいで女王の氷の地下牢に閉じ込められてしまから気をつけて。そうなったら、次の夏に氷がとけるまで出られないよ!