#fff218

ホッケー選手

「ガルルルル!」

こごえるツンドラ地帯で野生のオオカミに育てられたホッケー選手は、偶然そこを旅していたエージェントに見出された。彼はすぐに荒々しくスピーディーなアイスホッケーで天性の才能を発揮する。リンク上でパックを追っている時も、ゴールを守っている時も、ただひとつのことに向かって集中している。それは試合に勝つことだ!

彼は氷上でだれよりも速く、だれよりもタフに動く。そしてだれよりもチームに貢献しようとしている。ホッケー選手がゾーンにいる時は、ライバルの選手たちは近づかないようにしている。なぜかって?ヘルメットのフェイスガードには、自分を保護する以外にも使い道があるということだけ言っておこう!