#fff218

卒業生

「やったぞ!つぃにやった!」

卒業生は大学生活をまんきつしていた。授業、教授、宿題、徹夜の勉強、すべてがすばらしい思い出だ。そしてついに卒業の日。名前を呼ばれれば、待ち望んだ輝かしい瞬間がやって来る。

卒業生は家族や教授、友人に感謝している。彼らの支えがなかったら、なし得なかったことだから!キャップとガウンを身につけた彼は、苦労して手に入れた卒業証書をにぎりしめている。目線は彼に集中し、彼もまたみんなを見わたしている。そしてこう思うのだった。ああ、早く仕事を見つけなきゃ!