#fff218

空とぶせんし

「せいぎは死なず!」

神話に出てくる戦いの女神さまでさえ、どんな時も、あらゆるところで人々を助けることはふかのう。そこで、はるか昔の世界から、あるせんしに、せいぎのために力を借りることにした。この戦士は、ゆうかんさと、平和をあいすることで有名なんだ。女神は、えいえんの命とともに、黄金のよろいと強力なカミナリスピアの武器をせんしにさずけた。

そうして空とぶせんしは、か弱くてつみのない人たちを守ることに、長年、力をつくしてきた。さいきん、せんしは、生活費(古代のヒーローだってやちんやピザ代が必要)のたしに、びじゅつかんのガイドになった。見学人は、せんしのよくとおる声と数百年ものけいけんからえた知しきに感心するし、修学旅行の子供たちは、つばさをひっかけていろいろな物をうっかりたおすのを見て、大よろこびだよ!