#fff218

ファウヌス

「トラララ、トロロロ、トレレレ!」

森のふしぎな住人ファウヌスは、横ぶえを吹き、ばかげたなぞなぞを考え、一日中おどっている(歌もちょっと歌うけど、あまりうまくない)。半分ヤギ、半分ミニフィギュアの彼にとって、しぜんは最高の友だち。森以外に住むことなんて考えられない。

ファウヌスのところにお客さんが来て、彼のえんそうを聞いたり、なぞなぞに答えたりすることはめったにないから、世界中のみんなが、自分みたいに幸せで、気楽なのかなと、ふと思うことがある。鳥に口ぶえでへんじしたり、りすが冬みんのじゅんびをするのを手伝ったり、あつい夏の日に、魚のむれがおよぎ回る冷たい流れの中で、つかれたひづめを休ませたりするのは、とってもいい気分。だれだって、そんなふうにくらしたいよね!