#fff218

小さなピエロ

「ちょっと!だれかパイを注文した?」

小さなピエロは真剣に人を笑わせようとしている。あらゆるじょうだんを暗記し、ピエロマガジンを購読し、さらにピエロ大学の上級コースまで卒業しているのだ。人を笑わせられなければ、自分の腕が未熟なだけだ。

ただの小さなピエロなのに、とても大きな責任を背負っている。往年の有名ピエロたちは、彼なら伝統的な笑いを引き継いでくれるだろうと、その能力を高く評価している。小さなピエロは彼らを失望させたくないのだ。だからリハーサルを何度も行い、最高のピエロのパフォーマンスを目指すんだ。パイをみんなに投げつけるお楽しみもあるしね!