#fff218

カラミティ・ドローン

「私の死と美ぼうは同じくらい高貴なものよ」

カラミティ・ドローンはワイルド・ウエストのカンカンダンサーのように美しいが、実はタフで危険なロボットだ。手にしている武器が古めかしいライフルでも、最新の火炎放射器でも、発射したくてうずうずしているため、まずは1発ぶっ放す。質問はそのあとだ。

彼女は酒場にマスタービルダーが現れるのをずっと待っている。おしごと大王の命令に従い、彼らをとらえるためだ。だが最重要指名手配のマスタービルダーはずっと目と鼻の先にいることを、彼女は気づいていない!