#fff218

アステカ族の戦士

「やめろ、それはオレたちの金だ!ほかを探せ!」

屈強な太陽の戦士であるアステカ族の戦士は、伝説的なアステカ帝国がほこるイーグル戦士のひとりだ。羽根の付いたタテとクチバシの形をしたかぶとで体を防護し、帝国の栄光をかけて日の出から日没まで戦いに明けくれた。さんさんとかがやく太陽の下、目の前に敵がいれば食事も休みも取らずに戦い続ける。

倒さなければならない敵はうじゃうじゃいるぞ!なぜか人々はすきあらば帝国の金をうばおうとしていた。確かに金はきれいだし、ピカピカの武器やよろいをつくることもできる。だがアステカ族の戦士には金の持つ本当の価値がわかっていなかったのだ。敵は夜中に限って侵入してくればいいのに。そうすれば太陽の戦士が出ていくことはないからね!