マインドストーム サポート

よくあるご質問

1.1 レゴ®マインドストームとは?

教育版レゴ® マインドストーム®は、ユーザーが独自のレゴ®ロボットを作って指令を出すことができる、プログラム可能なロボット組み立てセットです。レゴ®マインドストーム® EV3の新セットさえあれば、17種類のモデルから選んで組み立てたロボットに、歩く、話す、移動するなど、多彩な動きをさせることができます。EV3セットに付属する無料ソフトウェアとアプリを使えば、WindowsやMacパソコン、タブレット、スマートフォンからロボットの組み立て、プログラミング、操作ができます。

くわしくは EV3についてをご覧ください

1.2 EV3はどういう意味ですか?

evolution(進化)の頭の2文字「EV」に、レゴ®マインドストームプラットフォームの第3世代を指す「3」を組み合わせて「EV3」となりました。

1.3 EV3インテリジェント ブロックとは?

EV3 ブロックはプログラミングすることができるインテリジェント ブロックです。ロボットの頭脳としてモーターやセンサーを制御して、移動、歩く、話すなどの行動をさせたり、Wi-FiやBluetoothによって無線コミュニケ―ションをすることができます。

2.1 レゴ®マインドストーム EV3 セットには何が入っていますか?

スターターロボット用組み立てガイド、TRACK3R接続ケーブル USB ケーブル ×1 LEGO®テクニックパーツ594ピース EV3 ブロック ×1 インタラクティブ サーボ モーター L ×2 インタラクティブ サーボ モーター M ×1 タッチ センサー ×1 カラー センサー ×1 赤外線センサー ×1 赤外線ビーコン ×1

2.2 組み立てガイドはPDFで入手できますか?

はい。TRACK3R、SPIK3R、R3PTAR、GRIPP3R、EV3RSTORMの組み立てガイドをLEGO.com/mindstormsからダウンロードできます。また、App StoreやGoogle PlayからiOSとAndroidデバイスで、無料でダウンロードできるEV3 3D ビルダーアプリの一部である、3D組み立てガイドをダウンロードすることもできます。

2.3 レゴ®マインドストーム EV3セット (31313)で何個のロボットを作れますか?

箱を出してすぐに、5種のロボットを組み立てることができます。必要なプログラムとともに組み立てガイドはEV3 ソフトウェアに入っています。さらに、12個のファン作成ボーナスロボットがあり、EV3 ソフトウェアのロビーやウェブサイトからアクセスできます。12個すべてのロボットをレゴ®マインドストーム EV3 (31313) セットのパーツを使って組み立てられます。

3.1 レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアはMacとWindowsのどちらでも使えますか?

はい。MacintoshとWindowsの両方でEV3 ソフトウェアを使ってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをプログラミングすることができます。レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアはLEGO.com/mindstormsから無料でダウンロードできます。

3.2 レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションの推奨システム要件は?

Microsoft Windowsの場合:

  • 最新サービスパックをダウンロードした Windows Vista (32/64 bit) またはこれ以降のバージョン
  • デュアルコアプロセッサー 2.0GHz以上
  • RAM 2GB以上
  • ハードディスク空き容量 2GB
  • XGAディスプレイ(1024 x 768)
  • USBポート ×1
Apple Macintoshの場合:

  • 最新サービスパックをダウンロードしたMac OS 10.6 またはこれ以降のバージョン
  • デュアルコアプロセッサー 2.0GHz以上
  • RAM 2GB以上
  • ハードディスク空き容量 2GB
  • XGAディスプレイ(1024 x 768)
  • USBポート ×1

3.3 レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションはどの言語で利用できますか?

次の言語でEV3 ソフトウェアをLEGO.com/mindstormsから無料でダウンロードできます。

  • 中国語(簡体字)
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語(US)
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ロシア語
  • スペイン語(ESSA)

3.4 EV3 ソフトウェアのユーザーガイドはありますか?

はい。LEGO.com/mindstorms からユーザーガイド(PDF)をダウンロードできます。

3.5 EV3 ソフトウェアのユーザーガイドはどの言語で利用できますか?

次の言語のEV3 ユーザーガイドをLEGO.com/mindstormsから無料でダウンロードできます。

  • チェコ語
  • 中国語(簡体字)
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • 英語(US)
  • エストニア語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ハンガリー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ラトビア語
  • リトアニア語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ルーマニア語
  • ロシア語
  • スロバキア語
  • スペイン語(ESSA)
  • スウェーデン語
  • ウクライナ語

3.6 EV3 オンブロック プログラミングはありますか?

はい。レゴ®マインドストーム EV3 ブロックによってオンブロック プログラミングアプリがさらに強化されました。EV3 ブロックでかんたんに基本的な動きをプログラミングできます。EV3 ブロックの全てのプログラムはレゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアにアップロードして、さらに高度なプログラミングをすることができます。

3.7 レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアに独自のソフトウェアプログラミングブロックを作成するツールはありますか?

はい。マイ ブロックというツールがあり、多くのユーザーは標準のEV3 ソフトウェア内で既に利用することができます。独自のハードウェアを作っているユーザー向けには、ソフトウェア開発キットが使用可能になる予定です。

3.8 NXTソフトウェアを使ってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをプログラミングできますか?

いいえ。NXTソフトウェアではEV3 ブロックをプログラミングできません。

3.9 EV3 ブロックとレゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアでのプログラミング方法が両方とも掲載されているPDFはありますか?

EV3 ブロックプログラミングアプリのかんたんな紹介とプログラミング方法が記載されたPDFのユーザーガイドがあります。ソフトウェアのロビーにある2つのクイックスタートの動画から、EV3 ソフトウェアのプログラミング方法をご覧いただけます。

3.10 レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアはNXT ハードウェアと下位互換性がありますか?

はい。レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアを使ってNXTインテリジェント ブロックをプログラミングできます。ただし、NXT インテリジェント ブロックが対応していないソフトウェア機能もあります。

3.11 レゴ®マインドストーム® EV3 ソフトウェアはタブレット上でも機能しますか?

答えは「はい」と「いいえ」です。無料のEV3 Programmer App – App StoreとGoogle Playから入手可能 – を使って、Bluetooth経由でタブレットからロボットをプログラミングできます。このアプリは、WindowsやMacパソコン用のプログラミングソフトウェアよりも単純で、データブロックや計算など、高度なプログラミング機能の一部は含まれていません。教育版レゴ® マインドストーム®を初めて使用する場合や、パソコンほどの機能はなくてもロボットのプログラミングに挑戦したい場合には、EV3 Programmer Appのご使用をおすすめします。全機能を使用したい場合には、Windows/Mac用のレゴ® マインドストーム®EV3ソフトウェアをインストールしてください。このタイプのソフトウェアは現在タブレットではご利用いただけません。

3.12 EV3 ソフトウェア以外に、どのプログラミングプラットフォームでレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをプログラミングできますか?

EV3 ソフトウェア以外では、LabVIEWとRobotCも使用できます。EV3 ソフトウェアはオープンソースプラットフォームなので、レゴ®マインドストームコミュニティによってJAVAなどさらなる言語が開発されることを期待しています。

3.13 レゴ®マインドストーム EV3 ホームエディションソフトウェアには、NXTにはない新機能がありますか?

NXT ソフトウェアからEV3 ソフトウェアへは数多くの新機能が追加され強化されています。主な変更点は次の通りです。ロビー:

  • 用意されているコンテンツにナビゲートする新しいフルスクリーンのロビー。5つのEV3 ヒーローロボット TRACK3R、SPIK3R、R3PTAR、GRIPP3R、EV3RSTORMのプロジェクトファイルや12個のファン作成ボーナスロボットへのリンクにアクセスできます。
コンテンツ エディター:
  • コンテンツはソフトウェア内で直接編集することができ、既存プロジェクトをカスタマイズしたり、新しいプロジェクトを作成したりできます。
EV3 ブロックとプログラミング環境:
  • ハードウェアページでは全てのハードウェアによって測定された値とステータスを確認できます。
  • ハードウェアは自動 IDによって自動認識されます。
  • Bluetooth設定がUSB-to-Bluetooth機能によってかんたんに設定できます。
デバッグ機能をプログラミング機能に追加:
  • 実行ハイライト
  • プログラミングブロックが予期したハードウェアが自動 IDで検出されたハードウェアと異なる場合、プログラミングブロックに警告記号が表示されます。
  • 調査によってデータ ワイヤーの値を確認できます。
プログラミングブロックの新機能:
  • ブロックを1つにすることでかんたんな連続プログラミングが可能(電波機能を使う必要はありません)。
  • ブロックパラメーターはブロックで直接設定します。
  • プログラムの順序をブロックで直接読み込みます。
  • 改善されたシーケンス ワイヤーによって円滑にプログラム構造が表示され、並列実行が行われます。
  • “「変化するまで待機」という機能が追加されて、測定値の比較によってのみ機能する「しきい値まで待機」とは対照的に、環境の変化に応じて行動するロボットをかんたんに作れます。
  • データ ワイヤーが改良されデータ割り当てが追加されて、データの種類の変換がかんたんになりました。
  • 配列が基本ブロックに統合されました。
  • ループ中断ができるようになったため、拡張状態制御構造の作成が可能です。

3.14 EV3 ソフトウェアのコンテンツ エディターとは?

コンテンツ エディターでは、プロジェクトの編集、適合、カスタマイズができます。また新しいプロジェクトの作成もできます。コンテンツ エディターを使ってテキストやイメージ、動画、音を挿入してプロジェクトをカスタマイズできます。

3.15 コンテンツ エディターは.MOV と.AVI のファイルにも対応していますか?

コンテンツ エディターは次のファイル形式に対応していますが、.AVIには対応していません。
画像:JPG、PNG 動画:MP4、ASF、WMV、MOV 音:MP3、WMA

3.16 EV3 ソフトウェアを更新するにはどうすればいいですか?

EV3 ソフトウェア上部のメニューバーのヘルプから、EV3 ソフトウェアが自動でソフトウェア更新をチェックするように設定できます。ソフトウェア 更新のチェックをクリックすると、チェックマークが表示され、EV3 ソフトウェアは定期的にソフトウェア更新をチェックします。(これにはインターネットの接続が必要です。)利用可能な関連する更新がある場合、EV3 ソフトウェアが通知します。EV3 ソフトウェア更新をインストールする場合、LEGO.com/mindstormsに接続して更新ファイルをダウンロードすることができます。ダウンロードが完了したら、更新ファイルをインストールします。

4.1 レゴ®マインドストーム®EV3 ブロックのBluetoothは何に使えますか?

Bluetoothを使うと、EV3 ソフトウェアとの通信やEV3 ブロック間の通信ができます。EV3 Programmer AppやEV3 コマンダー アプリの使用時には、Bluetoothを介してタブレットとロボットを接続します。

4.2 Bluetooth通信があるのに、なぜUSB ケーブルを使ってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックとコンピューターを接続するのですか?

USB 接続の方が高速で、かつ一部のパソコンにはBluetoothが搭載されていないためです。

4.3 Bluetoothによってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをデイジーチェーンに接続できますか?

いいえ。デイジーチェーンとEV3 ブロックの接続にはUSB ケーブルを使用してください。

4.4 Wi-FiとBluetoothの違いは何ですか?

Wi-FiとBluetoothはそれぞれ違う目的で使用します。Bluetoothは2つのデバイス間の近い範囲内での通信に使用します。Wi-Fiはより広い範囲のネットワーク通信に使用し、Wi-Fiアクセスポイントルーターが必要で、Bluetoothより電池の消費量が多くなります。

4.5 「iPod、iPhone、iPad向け」とはどういう意味ですか?

EV3 ブロックでのBluetooth通信はiOSデバイスと同じプロトコルに対応しています。例えば、iPod、iPhone、iPadと通信できます。(NXT ブロックではできません。)

5.1 レゴ®マインドストーム EV3 ブロックのWi-Fiは何に使えますか?

Wi-Fi機能はEV3 ブロックからEV3 ソフトウェアへの通信に使用できます。Wi-Fi ドングル(ローランド社製ワイヤレスUSBアダプターWNA1100-RL)をEV3 インテリジェント ブロックのUSBホストに接続している必要があります。(Wi-Fi ドングルは製品に含まれていません)

5.2 EV3 インテリジェント ブロックでの使用に推奨するWi-Fi ドングルがありますか?

はい。EV3 インテリジェント ブロックでWi-Fi ドングルを使用される際は、ローランド社製ワイヤレスUSBアダプターWNA1100-RLをお使いください。

5.3 Wi-Fi通信があるのに、なぜUSB ケーブルを使ってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックとコンピューターを接続するのですか?

USB接続の方が高速です。また、Wi-Fiをオフにすれば電池が長持ちします。

5.4 Wi-Fiによってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをデイジーチェーンに接続できますか?

いいえ。デイジーチェーンとEV3 ブロックの接続にはUSB ケーブルを使用してください。

5.5 ルーターは必要ですか?

はい。Wi-Fiを使用するときにルーターが必要です。

5.6 Wi-Fi はBluetoothより優れていますか?

Wi-FiとBluetoothはそれぞれ違う目的で使用します。Bluetoothは2つのデバイス間の近い範囲内での通信に使用します。Wi-Fiはより広い範囲のネットワーク通信に使用し、Bluetoothより電池の消費量が多くなります。

6.1 どのレゴ®センサーをレゴ®マインドストーム EV3で使用できますか?

レゴ®マインドストーム EV3セット (31313)には次のセンサーが含まれています。

  • タッチセンサー X1 カラーセンサー X1 赤外線センサー X1 赤外線ビーコン X1 次のセンサーを使用して拡張することもできます。shop.LEGO.comで購入が可能です:
    • ジャイロセンサー、超音波センサー、他社製センサー

6.2 レゴ®マインドストーム EV3 センサーはNXT センサーとどのように違いますか?

レゴ®マインドストーム EV3 センサーは全く新しいセンサーです。NXT センサーと比較するとインターフェースが改善され、より高性能・高精度になっています。

  • NXT カラーセンサーが6色を検出できたのに対し、EV3 カラーセンサーは7色(+無色)を検出できます。
  • EV3 カラーセンサーには背景光を除去する反射光モードがあります。
  • NXT センサーが新しい値を333回/秒返すのに対して、EV3 センサーは新しい値を1000回/秒返すことができます。

6.3 レゴ®マインドストーム EV3 センサーはNXT インテリジェント ブロックでも機能しますか?

いいえ。レゴ®マインドストーム EV3 センサーはデジタルなので、NXT インテリジェント ブロックでは機能しません。

6.4 新しい接続ケーブルが必要ですか?

いいえ。レゴ®マインドストーム EV3はレゴ®マインドストーム NXTと同じ、RJ12 接続ケーブルを使用します。

6.5 レゴ®マインドストーム EV3 センサーとNXT センサーを一緒に使えますか?

はい。レゴ®マインドストーム EV3 ブロックはレゴ®マインドストーム NXT ブロックと同じ、RJ12 接続ケーブルを使用します。

6.6 レゴ®マインドストーム EV3 ブロックでNXT センサーを使えますか?

はい。レゴ®マインドストーム EV3はレゴ® テクニックパーツと同じRJ12 接続ケーブルを使用します。

7.1 レゴ®マインドストーム EV3 セットにはどのモーターが含まれていますか?

インタラクティブ サーボ モーター L 2つとインタラクティブ サーボ モーター M 1つ。

7.2 レゴ®マインドストーム EV3 インタラクティブ サーボ モーター はNXT インタラクティブ サーボ モーター とどのような違いがありますか?

EV3 L モーターの仕様はNXTのときの仕様と同じですが、インターフェースが最適化され、より早く複雑な組み立てができるようになっています。
インタラクティブ サーボ モーター Mは全く新しいモーターで、新機能です。

7.3 レゴ®マインドストーム EV3 インタラクティブ サーボ モーターとNXT インタラクティブ サーボ モーターを取り替えられますか?

理論的には取り替えられますが、レゴ®マインドストーム EV3 L モーターとNXT インタラクティブ サーボ モーターは異なります。レゴ®マインドストーム EV3 L モーターではより良い組み立て経験が得ることができます。

7.4 レゴ®マインドストーム EV3 モーターとNXT モーターを一緒に使えますか?

はい。

7.5 NXTインテリジェント ブロックでレゴ®マインドストーム EV3 インタラクティブ サーボ モーターを使えますか?

はい。インタラクティブ サーボ モーター Lとインタラクティブ サーボ モーター MのどちらもNXTインテリジェント ブロックで使えます。

7.6 レゴ®マインドストーム EV3 インテリジェント ブロックでパワーファンクション・モーターを使えますか?

いいえ。接続が異なります。

7.7 「デイジーチェーン」とはどういう意味ですか?

デイジーチェーンはUSB ケーブルを使って最大4つのレゴ®マインドストーム EV3 ブロックを接続する機能です。この機能によってロボットは16個の出力ポートと16個の入力ポートを搭載することができ、その全てをレゴ®マインドストーム EV3 ブロックから操作します。

7.8 デイジーチェーンには何が必要ですか?

複数のレゴ®マインドストーム EV3 ブロック、センサー、モーター、そして追加のレゴ®マインドストーム EV3用標準USB ケーブルが必要です。

7.9 何個のレゴ®マインドストーム EV3 インテリジェントブロックをデイジーチェーンできますか?

最大4個のレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをデイジーチェーンすることができます。

7.10 デイジーチェーンはWi-FiとBluetoothに対応していますか?

いいえ。デイジーチェーンではレゴ®マインドストーム EV3 ブロック間をUSB ケーブルで接続する必要があります。

8.1 レゴ®マインドストーム EV3 インテリジェント ブロックはNXTインテリジェント ブロックとどのような違いがありますか?

レゴ®マインドストーム EV3 ブロックは全く新しいインテリジェント ブロックです。これまでで最も強力なインテリジェント ブロックです。レゴ®マインドストーム EV3 ブロックはより高速で強力なプロセッサーによって作られていて、NXTインテリジェント ブロックと比較すると、全てのパラメーターの性能が向上しているだけでなく、NXTでは利用できなかった新たな性能が加わっています。

8.2 レゴ®マインドストーム EV3 ブロックとNXT ブロックは同じファームウェアを使用しますか?

いいえ。

9.1 充電式バッテリーの充電時間と使用条件は?

レゴ®マインドストーム NXTと同様です。フル充電は4時間で、 DCアダプターが必要です (製品 8887)。

9.2 レゴ®マインドストーム EV3 インテリジェント ブロックとNXTインテリジェント ブロックのバッテリーは交換できますか?

いいえ。ただし、充電器は同じなので、現在お使いの充電器をご使用いただけます。

9.3 充電器は交換できますか?

はい。

9.4 どのバッテリーを使えますか?単3電池、リチウム電池、それとも充電式電池? 1.5V単3アルカリ電池(6本)またはレゴ®マインドストーム EV3 充電式バッテリーのご使用をお勧めします。

9.5 レゴ®マインドストーム NXT2.0 (8547)セットを持っています。NXTからレゴ®マインドストーム EV3 (31313)へのアップグレード/コンバージョンキットはありますか?

いいえ。しかし、レゴ®マインドストーム EV3はNXTへの下位互換性があります。そのため、さまざまな状況でNXT インテリジェント ブロックとEV3インテリジェント ブロックを一緒に使うことができます。ただし、レゴ®マインドストーム EV3の性能を完全にお楽しみいただくにはEV3 インテリジェント ブロックへの移行が必要です。

10.1 NXTのパーツをレゴ®マインドストーム EV3で使えますか?

レゴ®マインドストーム EV3 ブロックはレゴ®マインドストーム NXT ブロックと同じレゴ®テクニックパーツとRJ12 接続ケーブルを使用するため、お持ちのセンサー、モーター、組み立てパーツをEV3 ブロックで使うことできます。NXT 充電式バッテリーはレゴ®マインドストーム EV3 ブロックでは使用できませんのでご了承ください。

10.2 NXT ブロックをレゴ®マインドストーム EV3 ブロックに接続できますか?

いいえ。NXT ブロックとはデイジーチェーンはできません。

10.3 充電式バッテリーとDCアダプターは再利用できますか?

いいえ。インターフェースが変更されたため充電式バッテリーは再利用できません。ただし、DC アダプター(8887)は再利用できます。

10.4 レゴ®マインドストーム EV3 ソフトウェアを使ってNXT ブロックをプログラミングできますか?

はい。レゴ®マインドストーム EV3 ソフトウェアを使ってNXT インテリジェント ブロックをプログラミングできます。ただし、NXT インテリジェント ブロックが対応していないEV3 ソフトウェア機能もあります。
EV3 ソフトウェアはLEGO.com/mindstormsから無料でダウンロードできます。

10.5 NXTソフトウェアを使ってレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをプログラミングできますか?

いいえ。NXTソフトウェアではレゴ®マインドストーム EV3 ブロックをプログラミングできません。

11.1 EV3 のアプリはありますか?

はい。無料でダウンロードしてiOSとAndroidデバイスで利用できるレゴ®マインドストーム®EV3 アプリが4種類あります。

  • EV3 Programmer – タブレットからロボットの組み立てとプログラミングができます。
  • EV3 フィックス・ザ・ファクトリー – 楽しみながらチャレンジするレゴ®マインドストーム®のロボットパズルゲーム
  • EV3 ロボット・コマンダー – レゴ®マインドストーム®公式のロボット指令アプリ
  • EV3 3D ビルダー - レゴ®マインドストーム®公式の3D組み立て体験アプリ

11.2 アプリを使ってEV3 ロボットを操作できますか?

はい。EV3 Programmer AppとEV3 ロボット・コマンダー アプリは、EV3ロボットを操作するための専用アプリです。EV3 Programmer Appでは、ロボットから多様な反応を引き出すプログラムを作成できます。EV3コマンダー アプリでは、スマート機器をリモコン代わりにして、ロボットを操作できます。どちらのアプリも、Bluetoothを介して、EV3インテリジェント ブロックとスマートデバイスを接続します。