フェアプレイ(公正な運用)

フェアプレイ(公正な運用)について

私たちのフェアプレイ(公正な運用)についてのパンフレットを表示

消費者、お客様、サーファーの皆様 - あるいは競合企業の皆様へ:

このメッセージは、著作権、トレードマーク、競争不正防止およびその他法的事項についてのものです。私たちは、特に過去25年間に行われた、LEGO®の著作権を侵害する模造品対策に取り組んできました。私たちはその理由をご説明したいと思います。 国内特許、デザインおよびトレードマーク法は国により大きく異なっています。また関連する法規の遵守状況については言うまでもありません。競争不正を防止する法律が存在しない国も少なくありません。最近、偽造、トレードマーク権侵害などに対する規則が追いつかないことで、模造品による問題が増加しています。偽造防止法が存在しないような国では、偽造や模造品が横行しています。レゴ・グループは、製品およびトレードマーク保護法制定に向けた各国政府の動きを歓迎しています。

さらに、偽造製品の差し押えについての欧州連合の規則、および適切な法律の強化と調和を図る、世界知的所有権機関(WIPO)および欧州連合の取り組みを支援しています。高度に発展した市場であっても、知的財産保護法には抜け穴や欠陥が残されています。このため、規則の施行および法律の調整の過程は、迅速には進んでいません。

トレードマークと製品を模造から保護することは多くの場合難しく、時間とコストがかかります。そこでレゴグループでは、国際的に他のブランド製品メーカーと協力し、知的財産保護の強化、調和と単純化を目指した活動を行っています。

最近の調査では、ヨーロッパでブランド製品を製造する会社で、回答者の80パーセント以上が、この5年間で被害が増加したと回答しています。偽造業者に対する法的な対応を行ったのは、そのおよそ半分にとどまりました。法的対応を行わない理由は、複雑な手続き、高いコストおよび結果の不確実性であり、欧州連合内でさえ、手続きはさまざまに異なっています。これは、このエリア内の法律改正の必要性を明白に示すものです。

しかしながら幸いにも、創造的な製品は、よりよい保護に値するという意識は普遍的に増加しています。レゴ・グループでは、オリジナルのプロダクト・デザインは模造や偽造から保護されるべきであると信じます。また、模造やその他侵犯を容易に止める手続きが必要です。さらに、私たちは、デザイン、社名およびトレードマークが同意なく無関係に使用されるべきでないと信じます。毎年法務部は、権利の侵害に関する数多くの例に対応し、世界の状況を追跡し、レゴ・グループのトレードマークあるいは固有の製品の特徴を持つものがレゴトレードマーク製品であると確信を抱くことができるよう、定期的に侵害者を訴えてきました。これは、世界中で私たちの会社に加え、消費者(主として小児)の利益の保護を目的としています。この目的のために、公正な競争および公平な消費者取引を守る対応や慣行を試行してきました。一部は法的行為によって実行されます。これらのうちのいくつかは、違反が生じた地域の法律で裁くことを求めています。

私たちは公正および消費者への情報提供を要求しています。

** レゴ® ファンが、どのようにインターネット上でレゴ製品にについて話しているか**
レゴ・グループは、世界中の多くのレゴファンが製品に関する、情報および考えを共有するために、インターネットを使用していることを認識していますた。非公式のホームページが存在し、これらのサイトでは多くの活動が行われています。不運にも、これらのサイトは、レゴ・グループ公式と混同しうる形でレゴのロゴおよびレゴトレードマークを使用しています。

私たちは、非商用でレゴのトレードマークをインターネットで使用する際の方法に関して、ガイドラインを開発しました。しかしながら、トレードマークの適正使用に普遍的な規則を設定することは困難です。これは、私たちの目的が、全体のコンテキストで商標の特殊性の損失に結びつく、 レゴ・グループによる後援があると誤って信じさせるような使用を防ぐことにあるためです。コンテキストにより異なる印象(あるいは誤った印象)を生むため、必ずしも特定の場合に一般化できるとは限りません。しかしながら、私たちはガイドラインを提示し、私たちの商標を守るための支援を求めています。

トレードマークとは?
トレードマークは、ロゴあるいは物品、パッケージングの形を含む言葉、シンボルあるいはデザインで、別の会社とは異なることを示すものです。いくつかの国々では、レゴベーシックブロックはトレードマーク登録によって保護されています。さらにトレードマークはトレードマーク企業の承認を示すこともあります。

** トレードマークの保護が必要**
トレードマークは、1つの会社の製品が別の会社とは異なることを示すものです。トレードマークがこうした違いを示せない場合、所有者は他者によるトレードマーク使用を防ぐことができなくなります。偽造を防ぐにはトレードマークの不適切な使用を防ぐ必要があります。このため、レゴ・グループは世界中でトレードマーク不正防止活動を行っています。

** レゴのロゴは非公式のウェブサイト上で使用できません**
明るい赤のレゴ・ロゴは世界で最も知られたトレードマークの1つです。私たちはこのロゴを児童のための高品質で創造的な製品のシンボルに育てました。ロゴはレゴ・グループを表わし、このシンボルの特殊性が薄められることを許容しません。私たちは、したがって、レゴのロゴを非公式ウェブサイト上で使用することを禁止しています。

** レゴトレードマークを非公式ウェブサイトで使用できる場合**
レゴトレードマーク(ロゴではないもの)は、トレードマークが過度に強調されていない、サイトがレゴ・グループによるものであると考えられない限り、非商業ウェブサイトでレゴ製品あるいは要素に使用することができます。

** ウェブサイト上のレゴトレードマークの使用**
レゴトレードマークは名詞ではなく形容詞として使用します。例えば、「レゴモデルでビルドされたブロック」などです。「レゴでビルドされたブロック」ではありません。さらに、トレードマークを周囲のテキストとは別に分離、セットせず、周囲テキストと同じタイプ面で使用します。言いかえれば、トレードマークを強調することは禁じられています。最後に、レゴトレードマークには® シンボルを使用します。

** レゴトレードマークはインターネット・アドレスでは使用できません**
レゴトレードマークはインターネット・アドレスに組み入れることはできません。インターネット・アドレスはホームページを識別するツールとなりました。ドメイン名の中で「レゴ」を使用することはレゴ・グループがホームページを支持していると誤解させるものです。

** 免責**
ウェブページのレゴトレードマークには、免責併記が必要です。「LEGO® はレゴ・グループのトレードマークであり、グループはこのサイトを承認していません」などとしてください。免責を記載しても、トレードマークを不正使用することはできません。したがって、レゴのロゴやトレードマークは、免責があっても不正に使用することはできません。

** 著作権とは?**
著作権は、オリジナルを任意の手段によってコピーし、分配する独占権です。コンピューターメモリでコピーする権利も含まれます。

** ウェブサイトへのスキャン**
レゴ・グループは、制作指示、カタログやパッケージ写真に著作権を持っています。インターネットにこれらをコピーし分配することは私たちの著作権の侵害に相当します。しかしながら、現在、レゴ・グループは、情報交換が非商業的な目的である場合は、スキャンやコピーを一部のみで認めています。ただしレゴ・グループがウェブサイトを承認したという誤解を与えることは認められません。私たちは写真で、レゴ・ロゴをひずませるあるいは強調しないことを求めています。著作権がレゴ・グループにあることを示す免責と通知が必要です。(例えばレゴ・グループこれはレゴ・グループに承認されていない独立サイトです。)

レゴトレードマークと著作権の使用に関するよくある質問についてはガイドラインをご覧ください。インターネットのほとんどのユーザーはこれらの権利を尊重していますが、知識が正しいとは限りません。インターネットは世界的なコミュニケーションに新たな機会を提供します。インターネットの発展にあわせて、私たちはこれらのガイドラインを改訂します。私たちは、感謝とともに、会社と製品に関しての持続的な対話が、製品をより豊かにすることを望んでいます。