いつもナイツらしい、クレイ

クレイはある時、昔のことを思い出しながら森を歩いていた。小さいころのゆめがネックスナイツになることだったことや、昔からゆう気ある少年だったことを。すると、こっそり後をつけてきたモンスターにとつぜんおそわれた。 しかし、とっさにうまく身をかわして、たったひとりでかんたんにモンスターをやっつけてしまった。メイシーとアーロンがこのことを聞いたら、いっしょに戦いたかったとくやしがるだろう。

クールなものだよ!