種族のトリビア

彼らは今のところチーマ最大のアニマル族で、サイ族よりも重量がある。非常に強いため、ファンガー卿のアイス要塞を引っぱるなどの重要な力仕事をよく任される。あまり知られていないが、彼らはとても洗練されていて知性も高い。その証拠に、マウラがファンガー卿のアドバイザーを務めたのは1度だけではない。アドバイスのテーマも愛から戦術までさまざまだ。モットロットはほとんど評価されていないが、実は非常に複雑で機能的なマシンをいくつか開発している。マンガスがすることといえば、何かを傷つけることだけだ。

優秀なパイロット

とても意外なことに、マンモス族には飛行する能力がある。マンガスはできないけど。彼を乗せられる飛行機はチーマにはまだ存在しない。モットロットはパイロットよりも飛行機ビルダーとしての才能を発揮している。マンモス族は重量級の地上動物だが、空中ではハゲワシ族よりも自信と決意に満ちている。この短いビデオをチェックして、ハゲワシ族にはないマンモス族の能力を確認しよう。

トランク・ファンク

あまりすることはないが、マンモス族は通信手段として、鼻を使ってさまざまな音を出すことができる。鼻の穴を通る空気の量を調節しているのだ。低音の静かな音から、高音のキーキー音や大音量のトラペットの音まで、自由自在だ。マンモス族は実は音楽の才能があり、ひそかに集まってクラシックの演奏会を開いている。偉大なマンモス族の演奏家、モートザートがお気に入りだ。