行こう

ビッグスペース2019

火星までの距離

Km
マイル

不毛の火星の風景を探検し、ロケットや研究施設、車両を組み立てて、この赤い惑星での冒険を始めよう。

  • 超高速!火星探査シャトル

    60226

    シャトルを打ちあげて、火星に向かい、火星研究シャトルで重要な研究を完了しよう!火星の表面で惑星探査機を操縦してジオードを回収し、保管ドローンに積み込んだら、シャトルの貨物室まで送ろう。実際のNASAの車両やミッション機器からヒントを得たら、レッドプラネットを探索する準備をしよう。

  • 進め!火星探査車

    60225

    火星の表面を探検する準備はいいかな!火星探査車に乗り込んで砂漠のテストドライブにでかけよう。ソーラー パネル発電機を最大電力に調整し、科学者が研究できるようにジオードを回収しよう。一生忘れられない冒険の準備をするために、この車両はNASAが使用する実際の機器からヒントを得て作られました。

  • レゴシティ 人工衛星を追うジェット機

    60224

    宇宙飛行士は、衛星を修復するためにあなたを頼りにしています!衛星サービスミッションで宇宙飛行士チームといっしょに宇宙に旅立とう。開閉式ソーラーパネルの機能をチェックし、本物のNASAの宇宙探査装置からヒントを得た金色のバイザー付きの宇宙船外活動用スーツを着て、衛星の修理を成功させよう。

私たちの体は星屑でできています。銀河を探検する時、私たちは到着するのではなく帰郷するのです。

火星へようこそ!

おめでとう。キミは、2億2500万キロ以上の道のりを旅して、いつの日か私たちの第二の家と呼ぶ惑星についに到達しました!

火星は遠いですよね。スクロールを続ける...

人類が知る最大の冒険です。

宇宙には音がありません

太陽は9300万マイル離れています

太陽は約1億5000万キロ離れています

木星で最大の4つの衛星は、エウロパ、ガニメデ、カリスト、イオと名付けられています。

ロケット、ローバー、宇宙ステーションのレゴ®セットは、NASAの勇敢な男女が使用する実際の車両や機器からヒントを得ています。まず、設計者に構想を与えて、モックビルドのスケッチを描かせた後、そのプロトタイプを米国のNASA本社に持ち込みました。専門家と会い、実際のロケットや惑星探査機を間近で見た後、実際の技術に影響を受けた特徴や機能が追加されて、レゴスペースセットが完成しました。

  • NASA アポロ計画 サターンV

    21309

    レゴ NASA アポロ計画 サターンVで歴史を作ろう!高さ1メートルの3段構成の素晴らしいロケットを組み立てたら、スタンドに飾ったり発射して遊ぼう。S-IC や S-II のセクションを切り離して、月面着陸機をコマンドサービスモジュールとドッキングしたら、月面着陸ミッションは成功だ!NASAの宇宙飛行士が使用する本物のアポロサターンVからヒントを得た作品です。

  • 変形自在!光る宇宙ステーション

    60227

    宇宙飛行士や乗組員が測地研究と科学実験を完了する際に、モジュラー式の宇宙ステーションで彼らに加わろう!実際のNASAの機器から着想を得たツールやアクセサリー、機能を使用してミッションを完了してください。

  • 超巨大ロケットと指令本部

    60228

    史上最大の冒険に突入!科学者や宇宙飛行士チームといっしょに、NASA の発射台から超巨大ロケットに乗ってみよう。惑星探査機をテストして、トレーニング エリアでジオード サンプルの回収準備ができているか確かめてみよう。その間、地面に興味深い人工物がないかどうかをロボットが調査します。飛行用の望遠鏡をロケットに搭載したら、カウントダウンの開始だ!

  • ロケットの組み立てと輸送

    60229

    惑星のミッションを開始!ロケットのペイロード・コンパートメントに探査機ローバーを積み込む準備が完了しました。 ロケット組立用のクレーンとウィンチを使用して打ち上げ準備が完了したら、無限軌道トラクターを使って発射台にロケットを運ぼう。

レゴクリエイターエキスパート月面着陸機

10266

50年前に月面着陸したNASA アポロ11号 月着陸船からヒントを得たこのセットで、人類初の月面着陸を祝おう!このコレクター向けモデルには、アポロ 11 号イーグル月面着陸モジュールの非常に精巧なレプリカの他、噴火口のクレーター、着陸時の足跡、米国旗を立てた月面描写が見られます。アポロ11号の月面着陸機のネームプレートで仕上げを施したこのモデルは、遊んだり飾ったりするのに最適です!

火星のオリンポス火山は、エベレスト山の3倍の大きさで、幅600km、高さ21kmにもなります。

毎年600万ポンド(270万キログラム)の宇宙塵が地球上に積もります

毎年270万キログラムの宇宙塵が地球上に積もります

1969年7月20日、人類は史上初めて月面を歩きました。アポロ11号のミッションは7月16日に、司令官のニール・アームストロング、月面モジュールパイロットのエドウィン・E・オルドリン・ジュニア(別名バズ・オルドリン)、コマンドモジュールパイロットのマイケル・コリンズの3人の乗組員で始まりました。月に到達した後、乗組員は「静けさの海」に着陸して、岩石のサンプルを収集し、科学研究を行い、月面の写真を撮影しました。彼らは、軌道上の土星ロケットに戻り地球に帰還する前に、月面で21時間以上の時間を過ごしました。

「宇宙の探査は、我々が参加するかどうかにかかわらず、進んでいきます。今までで最大の冒険の一つです」

-JFK

天の川の銀河には2000~4000億個の星があります。

月には大気がないため、月に残された足跡は1億年もの間残ります。

最も速く進む隕石は、毎秒約26マイルの速度で太陽系を通過します

最も速く進む隕石は、毎秒約42キロメートルの速度で太陽系を通過します