ジャングルの鳥

ねったいのジャングルを色とりどりのパラダイスにかざるのが、ねったい雨林の鳥たちだ。でもカラフルな羽で森をいろどるだけじゃない。ミツバチみたいに、鳥たちは花のミツが大すき。ジャングルをとび回ってたくさんのきれいな花のかふんを運んでいるよ。

赤ちゃんゾウ – かわいさもスーパーサイズ!

大きな赤ちゃんってどれくらいの大きさかな?なんと生まれたときの体重が90キロ、身長は1メートルもあるんだ!そんなスーパーサイズの赤ちゃんの正体は ゾウ。こんなに大きくても ママにとってはやっぱりかわいい赤ちゃんだよ。

竹 – 高くのびるジャングルみたいな草

竹は草のなかまなのに、とってものっぽ。のびる早さもチャンピオン級だ。パンダの大こうぶつなのは知っているだろうけど、家具やおうちのゆかをつくったり、りょうりに使ったり、みんなの服をつくったり、しぜんにやさしい そざいとして大かつやくしているよ。

ミツバチは はたらき者!

ミツバチは 社会をつくって生活するこん虫。世界中 どこにだって住んでいる。花からミツを集めたら、よりどりみどり の花へと かふんを運んでくれて、くだものや やさいが育つのをたすけているよ。とっても役に立っているね。

チョウ – みごとに大へんしん

世界にはなんと、2万しゅるいものチョウがいる!みんなはじめはタマゴのすがた。それから毛虫になって、さなぎになって、やっと、空を美しくまう カラフルなチョウにへんしんするんだよ。

毛虫 – へんしんのパワー集め

なんだか ほうたいでグルグルまいた小さなミイラみたいだけれど、毛虫はちゃんと生きているよ。毛虫はとても くいしんぼうで、ずっと食べてばかり。だって、よう虫からチョウに生まれかわるには、すごいエネルギーがひつようだからね。

ゾウ – やさしくて力持ち

ゾウは、鼻をべんりな道具みたいにじょうずに使う。うなり声やラッパみたいな音を出して「お話」したり、お友だちをハグしたり、むれの子ゾウを助けたり、食べ物をとったり、毎日100キロ以上の食べ物を口に運んだり、大いそがしだ!

カエル – とってもかわり者

カエルは 目玉でものを飲みこむだって?ものを食べるとき、目玉がおくに 引っこんで、のどのおくに おしこんであげる。のどがかわいたときは、体表から水分をきゅうしゅうして、水を飲むんだよ。PS:よい子はまねしないでね。

キリン – 世界一のっぽな動物

キリンってすごいよね。ウマが美しいきょうりゅうになったら、こんな感じ?キリンは世界のほにゅうるいの中で一番 せが高い。キリンの大こうぶつ、アカシアの木がはえているアフリカのサバンナで生活しているよ。

サル – 毛むくじゃらのしんせき

サルは、人間によくにているね。人間のように家族でくらすしゅるいも多いけど、家には住んでないよ。オマキザルみたいに、道具をじょうずに使ったりできるカッコいいサルもいるんだ。学校にも行ってないのに、どこで習うのかな?

オランウータン – 木の上の王様

人間にもっとも近い動物といえば オランウータン。生きている間、ほとんど木の上ですごすんだよ。2本足で立って「気をつけ」のしせいをしたオランウータンの手は足首にとどくほど長いよ!

ジャイアントパンダ – 食べるりょうもジャイアント!

パンダは 人里はなれた場所に住む動物で、しかも野生の数はとっても少ないんだ。中国のしぜんのねったい雨林の中に住むパンダの数は わずか1,500頭なんだって。パンダたちは1日12時間も竹を食べている。ってことは、みんなが学校にいる時間よりも長いね!

オウム – おしゃべりな美しい鳥

かしこくておしゃべりが大すきなオウム。世界には なんと350しゅるいもいるんだ。そのほとんどが ねったい雨林に住んでいて、しゅるいによっては80年も長生きするよ!モノマネじょうずなかわいいオウムを おうちでペットにしたいって思っても、ちょっと考えなおしたほうがいいかも…

ナマケモノ – かわいい おねぼうさん

よくねるネコとゆっくり動くカメが合体したみたいな動物、ナマケモノは、1日20時間もねている。起きていたって、いそいでどこかへ行く用事もないからね。かわいいスローモーションの動きを見ていたら、こっちまでねむくなっちゃうよ。ぐーぐー…

きょだいなクモ – カッコいい?それともコワイ?

地球上で一番大きなクモは、ルブロンオオツチグモとアシダカグモ。大きくなると30cmにもなるんだ!こちらから悪さをしないかぎり、人間をこうげきすることはないから、そっとしておいてあげてね。ジャングルでキャンプするときは、ねぶくろをチェックしたほうがいいかもよ…

トラ – かわいい子ネコちゃん?

トラのしまもようは、1頭ずつみんなちがうって知ってた?トラの赤ちゃんは おうちのネコちゃんの大きいバージョンみたいでかわいいよね?でも気をつけて!前足とアゴのパワーにかかったら、ひとたまりもない!本当に、何だってこわしてしまえる力があるよ。

ドローン

こまっている動物がいるのに、場所がわからない?ドローンの出番だ!短い時間で広いはんいをさがせるし、森のおくふかくの すみずみまでとんでいくことができるからね。

ねつ気球

ジャングルの一番おくふかくまで行くのはとてもむずかしい。地上がムリなら、ねつ気球で空から行ってみよう。今までだれも行ったことのない、遠くまで行けるかも。しかも空からのながめはサイコーだね。

レスキューきち

ナマケモノからゾウまで、こまっている動物なら、だれでも大かんげい。もちろん、ジャングルたんけんをする、ゆうかんなたんけん家も助けてあげるよ。

パンダのレスキュー

木の上のおうちは、ほごされているパンダが元気をとりもどすのにぴったり。まわりには竹がたくさんあって、動物のお医者さんのしんさつ室と遊び場もある。野生にもどるじゅんびができるまで、安全にすごすことができるんだ。

レゴ® フレンズ、レゴ シティ、ナショナルジオグラフィックといっしょに世界をたんけんしよう

ウミガメ – 生きているきょうりゅう

よく見ると、たしかに きょうりゅうっぽいよね?いちばん年を取ったウミガメは、ひいひいひいおじいちゃんやおばあちゃんと同じころに生まれたかもしれないんだ!何しろ、175年も生きるウミガメもいるんだから!

アンコウ – 深い海でゆめを見る魚

夜の町をてらす電とうがついている魚だって?太陽の光のとどかない深い海に住んでいるアンコウには、明かりがひつようだ。そのふわふわした明かりの正体をたしかめようと泳いできた魚を つかまえて食べちゃうんだよ。

ブルーラインドサージョンフィッシュ – 青い線のお医者さん

ねったいの海で元気に泳ぎ回る小さな魚。とても活発にすばやく泳いで、ほかの魚にケンカをしかけちゃうくらいの元気ものだから、おうちでかうのに ピッタリとは言いがたい。しゅじゅつをするお医者さんの名をもつサージョンフィッシュたちは、映画にも登場するナンヨウハギの仲間。英語ではゼブラ(シマウマ)や、ストライプタン(しましまっぽい)、クラウンタン(ピエロっぽい)など、おもしろい名前がついているよ。

スイホウガン – 水中メガネの金魚

こんなに大きなメガネをかけた魚ならきっと何でも見えているにちがいないって思った?でも、これメガネかな…それに動物の世界では見た感じと じっさいが ぜんぜんちがうってこともよくある。じつはスイホウガンの目はそんなによくない。でも音はよく聞こえるし、においもよくわかるんだよ。

サンゴ – フシギな動物

サンゴは海の中にさく花みたいだけど、じつは海のそこに、ポリプというひとつひとつの生物が集まってできているコロニー(むれ)のことなんだ。木のように、サンゴも毎年1かさねずつ大きくなって、年りんができる。その年りんから、オーストラリアのグレートバリアリーフは2万年も前からあることがわかったんだよ!

カニ – 水の中のクモ

カニは、いろんな色や形のよろいを着ているね。一番小さなカニだと、たった数ミリしかない。一方で、タカアシガニは3メートルよりも大きくなるし、なんと100才まで生きることもできるんだ!

イルカ – 聞き上手

世界中の海にくらすイルカたちは、こうき心がいっぱいで遊びが大すき。みんなと助け合って生きているんだよ。イルカはとても耳がよくて、歌うように なかまとお話したり、クリック音を出して食べ物やボートの場所や、いっしょに遊んでくれるダイバーがどこにいるかわかるんだって。

ホホジロザメ – コワイばかりじゃないよ!

とにかく コワイうわさばかりのサメ。だけど、4おく年よりも長い間、ぜつめつせずに生きのこっているっていうことは、かなりかしこくて体がじょうぶなんだね。きょうりゅうが生まれるずーっと前だよ!それって、すごくない?

シュモクザメ – カッコいいセンサー

シュモクザメは ふつうはそれほど大きくないサメだけれど、ヒラシュモクザメは大きくて、なんと体長6メートルにもなる。横に広がった頭には、センサーがたくさんついていて、大こうぶつのアカエイを どこにいても見つけてしまうんだよ!

クラゲ – 海の中のフシギちゃん

クラゲの中には さすものもいるけれど、人間にわざわざ いやがらせをしてくるわけじゃないんだよ。クラゲは、食べる口と うんこするおしりのあながいっしょ。オエッ!って思うよね?クラゲは きょうりゅうよりも昔から地球にいる…しんぞう も のうみそ も ほね も 目も鼻も 何にもないのに!

タコ – おばけ?それとも天才?

海のそこを ヌラヌラと動いたり、まっ黒なすみを はいて すがたを消したり、タコってちょっとぶきみ。でも、すごくかしこい。だってのうみそが 9つもあるんだよ!9つもってびっくりだね。たくさんの足を使って、道具を使ったり、岩でおうちをたてたり、魚をつかまえたりする。サメだってつかまえるんだ!

フグ – ふくらんで身を守る

大きな魚がキミをランチにしようとねらっている。さあ、どうやって たいこうする?すごくたくさんの水を一気に飲みこんで、体がでっかくなっちゃうくらい、おなかをふくらませる!それでもかみついてくる 手ごわい相手は、体のどくでやっつけちゃうよ。

タツノオトシゴ – 海のカンガルー

タツノオトシゴがしっぽで ものをつかめるって知ってた?タマゴを生むのはお母さんだけど、赤ちゃんが生まれてくるまでそのタマゴをおなかのふくろの中で育てるのは、じつはお父さん。かっこいいね!

ヒトデ – 見どころいっぱい

ヒトデって シンプルに見える?もう一度よく見てごらん!5本のうでの先に目がついている!その目で 光や食べものを見つけたり、海のそこを動き回るときに行き先をたしかめたりしているよ。もしうでが1本とれちゃっても、また新しいのが生えてくるんだ。シンプルどころか、すごくかっこいいね!

アカエイ – スイスイと泳ぐ ほねなし魚

アカエイはサメのしんせき。1おく5千万年もの長い間、地球にくらしているよ。でも、ほねがないから、化石はほとんど みつからない。ほねが ないようには見えないって? キミの鼻や耳と同じような やわらかい なんこつで できているんだ!

クジラ – バスより大きな動物

クジラは 海に住むほにゅうるい。ふかい海にもぐることもできるけれど、息をするために水面にもどってこなきゃならない。シロナガスクジラは、地球のれきしで一番大きな動物だ。なんとバス2台よりも大きいんだよ!そんなクジラを見られる時代に生きているなんてラッキーだね。

キイロハギ – サンゴしょうのはたらき者

あざやかな黄色のかわいい魚は、はたらき者。オーストラリアのグレートバリアリーフや太平洋のサンゴしょうや海のそこの けんこうを守ってくれている。この魚のなかまは、おひれの近くにするどいメスみたいなトゲがあるから、英語で「サージョンフィッシュ」、しゅじゅつをするお医者さんという名前がついているんだよ。

スキューバダイバー

じぶんのせんすいかんを持つのはなかなかむずかしい。でも、海中たんけんをしてみたいなら、スキューバダイビングを始めよう。遠くの国へ行かなくても、海の中は、ぜんぜんべつの世界だ。それに、大きくなったらプロの海のたんけん家になれるかもね!

海中きち

海中のきちに住みこんで、海の生き物の生活やかんきょうをけんきゅうする仕事があるのを知ってる?きあつを下げたせんすいかんに乗りこんで、クレーンで海中から ひょうほんを集めたり、水中ドローンをはっしゃしたりするんだよ。

深海せんすいかん

海洋たんけん家になりたい?かっこいいせんすいかんに乗ってみたいから?せんすいかんに乗って、だれも知らない海のそこへ出発。いろいろなひょうほんを集めたり、新しいしゅるいの動植物を発見したりできるかも!

水中ドローン

水中ドローンなら、海中のせまい場所やほらあなの中、海のそこの、人が行きにくいところをたんけんすることができる。ドローンを使って、新しいナゾやちんぼつ船のたからものを発見できるかな?